陸王(池井戸潤)原作・あらすじをネタバレ!


Sponsored Link

作家・池井戸潤の作品である陸王を知っているでしょうか。

池井戸潤と言えば企業や会社にスポットを当てた作品が多い。

そして陸王は老舗足袋業者にスポットを当てた作品だ。

ドラマ化が決定しているだけに原作のあらすじやネタバレが気になるだろう。

そこで今回は池井戸潤の陸王の原作のあらすじや

ネタバレ情報を紹介していきたい。

Sponsored Link

陸王の原作のあらすじをネタバレ!

imgres

まずは池井戸潤の陸王の原作のあらすじを紹介する。

主人公は創業100年以上の老舗足袋業者の4代目社長・宮沢紘一だ。

こはぜ屋という足袋業者の社長である宮沢紘一だが、年々先細りする

足袋の需要から資金繰りに悩む日々を過ごしていた。

そんな中で銀行担当者とのやり取りから新規事業への参入を考える。

それが今までの足袋製造を生かして「裸足感覚」を追求した

ランニングシューズの開発だったのだ。

資金繰りも厳しい零細企業が新規事業に参入して新製品を開発する。

そんな中で世界的な有名スポーツブランドとの競争など困難も数多くある。

主人公の宮沢紘一、そしてこはぜ屋のランニングシューズは成功するのか。

上記が陸王の原作のあらすじである。

 

池井戸潤の陸王の評価とは?

ドラマ化が決まっている池井戸潤の陸王。

原作の小説は非常に高評価を受けている。

池井戸潤の作品と言えば企業や会社をテーマにしている。

今回は老舗足袋業者をテーマにしている。

資金繰りに困るほどの会社が新規事業を立ち上げから

大企業との競争など見どころが満載なのだ。

さらに、会社の存続すらかかっている状況で主人公の社長をはじめとする

家族や従業員、取引先の人物らと困難を打ち破っていく人間ドラマは感動する。

ドラマ化で主人公・宮沢紘一を務めるのは役所広司だ。

基本的には原作である小説と同じストーリーだと思われるが、

細部は変わっている可能性がある。

ぜひドラマが始まる前に原作の陸王を読んでみてほしい。

 

まとめ

池井戸潤の陸王がドラマ化することが決まった。

陸王は老舗足袋業者の物語だ。

池井戸潤の作品らしく企業の再生ストーリーとなっている。

経営危機の老舗足袋業者が新規事業で大企業と戦いながら

危機を乗り越えていくというストーリーだ。

ぜひドラマが放送される前には原作を読んでみてほしい。


Sponsored Link


Sponsored Link

関連記事



最新の投稿