陸王(池井戸潤)がドラマ化!ロケ地や撮影場所は一体どこ?


Sponsored Link

池井戸潤の作品である陸王がドラマ化されることがわかった。

陸王のドラマ化は2017年10月の日曜劇場とのことだ。

そこで気になるのがドラマ化された陸王の

ロケ地や撮影場所がどこであるかだろう。

そこで今回は池井戸潤の作品である陸王がドラマ化にあたって

ロケ地や撮影場所はどこか調べてみたので紹介したい。

Sponsored Link

池井戸潤の陸王がドラマ化決定!

池井戸潤の作品である陸王がドラマ化されることが決まりました。

陸王のドラマ化は2017年10月期でTBSの日曜劇場枠となります。

主演もすでに決定しており役所広司が務めるようです。

陸王

役所広司演じる主人公は老舗足袋業者の社長で経営危機からの

起死回生を描いている物語となっている。

 

池井戸潤の作品のドラマ化と言えば『半沢直樹』や『下町ロケット』、

『民王』などがあり今回の陸王も注目されているのだ。

また、陸王はすでにロケが行われており撮影が行われているとのことだ。

 

陸王のロケ地や撮影場所は一体どこ?

気になる陸王のロケ地や撮影現場だが埼玉県行田市がメインとなっている。

そもそも小説の中でも埼玉県行田市が舞台になっている。

 

そのため埼玉県行田市がロケ地や撮影場所となるのは自然な流れだろう。

さらに、埼玉県行田市には陸王のモデル企業と噂になっている

きねや足袋株式会社があることからもロケ地にピッタリだ。

埼玉県行田市も公式ツイッターにて陸王を応援するとツイートしている。

 

また、ロケは1月1日のニューイヤー駅伝2017でも行われたという。

陸王では老舗足袋業者がランニングシューズを開発する物語だ。

そのためランニングシューズにスポットを当てるために

ニューイヤー駅伝2017でも撮影が行われたのだろう。

 

基本的には埼玉県行田市がロケ地で撮影場所

となっており、場面によってニューイヤー駅伝2017のように

違う場所でロケがされることが予想できる。

ドラマ化された陸王が待ち遠しい限りだ。

 

まとめ

池井戸潤の作品である陸王がドラマ化されることがわかった。

陸王のドラマは2017年10月期に放送されるという。

ロケ地や撮影場所は小説の舞台にもなっている

埼玉県行田市が中心とのことだ。

また、1月1日のニューイヤー駅伝でも撮影されたようだ。

陸王のドラマが放送されるのが楽しみだ。

ドラマが放送されるまでの情報にも注目でしょう。


Sponsored Link


Sponsored Link

関連記事



最新の投稿