LEADERS2(リーダーズ2) 酒田ガレージの郷ひろみのモデルは誰役だったのか?


Sponsored Link

リーダーズ2が放送されて大好評だった。

とくに郷ひろみが悪役を演じたことで話題になった。

郷ひろみは酒田ガレージの社長・酒田健太郎を演じた。

そこで気になってくるのが酒田健太郎のモデル人物は誰なのかだろう。

トヨタ自動車がモデルの物語で実話を元にしているリーダーズ2だけに、

郷ひろみが演じた酒田健太郎にもモデルがいるはずだ。

そこで今回はリーダーズ2の郷ひろみが演じた酒田健太郎は

誰がモデルだったのか調べてみたので紹介したい。

Sponsored Link

 郷ひろみのモデルは誰だったのか?

2017年3月にリーダーズ2が放送された。

郷ひろみが悪役を演じたことで話題になったのだ。

リーダーズ2内で郷ひろみは酒田ガレージの酒田健太郎役を演じた。

酒田ガレージのモデルはヤナセである。

images

 

そして郷ひろみが演じた西田健太郎のモデルは梁瀬長太郎だと言われている。

梁瀬長太郎はヤナセの創設者だ。

リーダーズ2では悪役としての役柄だったのだが

実業家として素晴らしい結果を残している。

 

梁瀬長太郎とはどんな人物だったのか?

郷ひろみが演じた酒田ガレージの酒田健太郎のモデルは梁瀬長太郎だ。

そこで気になるのが梁瀬長太郎とはどんな人物だったのかだろう。

imgres-3

梁瀬長太郎は1879年12月15日生まれの実業家でヤナセの創業者だ。

1915年に三井物産機械部から独立して梁瀬商会を設立している。

これが後のヤナセなのだ。

しかし、経済大不況により仕入れた車は売れずに経営危機に陥る。

1923年に関東大震災が発生したことで梁瀬長太郎は「物より移動が優先する」と

考えてGMから乗用車を大量に注目し横浜に出荷した。

そしてこれが当たり経営危機を乗り越えたのだ。

これは梁瀬長太郎には実業家としての才覚があったことを証明している。

リーダーズ2では悪役として演出されているものの、

梁瀬長太郎は立派な実業家だったのだ。

 

まとめ

リーダーズ2が放送されて大好評だった。

とくに郷ひろみが悪役を演じたことで話題になった。

郷ひろみが演じた酒田ガレージの社長は

梁瀬長太郎がモデルである。

梁瀬長太郎はヤナセの創業者として知られている。

リーダーズ2では悪役として描かれているものの、

実業家としての実力は素晴らしいものである。

梁瀬長太郎をモデルにしたドラマも見てみたいものだ。


Sponsored Link


Sponsored Link

関連記事



最新の投稿