【小さな巨人】原作者は誰?視聴率やあらすじをネタバレ!!


Sponsored Link

今注目のドラマが『小さな巨人』だろう。

長谷川博己が主演の刑事ドラマである。

そんなドラマ『小さな巨人』の原作者は誰なのかと話題になっている。

原作者が分かればネタバレやあらすじもすぐわかるからだ。

また、すでに2話が放送されたのだが視聴率も気になるだろう。

そこで今回は『小さな巨人』の原作者は誰なのか、

そして視聴率やあらすじとネタバレを紹介していきたい。

Sponsored Link

 ドラマ『小さな巨人』の原作者は誰?

imgres

4月から始まった新ドラマで注目なのが『小さな巨人』だ。

長谷川博己が主演の刑事ドラマで共演者も岡田将生や

香川照之など豪華で話題のドラマなのだ。

そこで気になるのがドラマの原作者は誰なのかだろう。

調べてみたが『小さな巨人』に原作はなかった。

つまり、原作者はいなくてオリジナル原作となっているのだ。

そこで重要になってくるのが脚本家の存在だろう。

脚本を担当しているのが丑尾健太郎だ。

また、脚本協力として八津弘幸も関わっている。

この2人が『小さな巨人』のストーリーの鍵を

握っていると言っても過言ではない。

視聴率やあらすじをネタバレ

 

images-7

すでに2話まで放送された『小さな巨人』。

視聴率は初回が13.7%という高視聴率をマーク。

2話でも13.0%という高い水準をキープしている。

あらすじとしては主演である長谷川博己が演じる香坂が

上司の陰謀により所轄に左遷されるとことから始まる。

そして本庁対所轄という構図で物語は描かれていくのだ。

もちろん香坂は本庁への返り咲きを目指している。

その中には個々の正義も描かれており欲や権力争いを

中心にした熱い刑事ドラマなのだ。

人気ドラマ『半沢直樹』に似ているという

評価があるのだが、狙いはほとんど同じだろう。

果たして主人公の香坂はどのような結末になるのか注目だ。

 

まとめ

注目のドラマ『小さな巨人』の原作者はいなかった。

オリジナル原作であり脚本を担当している2人が

ストーリーの鍵を握っているということだろう。

このことからまだ最終回も固まっていない可能性もあるだろう。

視聴率に関しては13%を超えており高水準と言える。

ここから視聴率が上がるのかは物語にかかっているだろう。

とにかく『小さな巨人』にはこれからも注目だ。


Sponsored Link


Sponsored Link

最新の投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です