【小さな巨人】原作者は誰?原作や漫画はあるのか調べてみた。


Sponsored Link

4月からの新ドラマが始まった。

注目なのが日曜ドラマ『小さな巨人』である。

人気ドラマだった『半沢直樹』のような物語だけに

原作者は誰なのかと話題になっている。

また原作者とともに原作の小説や漫画あるのかも話題になっている。

物語を知っておきたい人は原作を読みたいのだろう。

そこで今回は『小さな巨人』の原作者は誰なのか、

そして原作の小説や漫画があるのか調べてみたので紹介したい。

Sponsored Link

『小さな巨人』の原作者は誰?原作や漫画は?

小さな巨人 原作者は

日曜日にTBSで放送されている新ドラマ『小さな巨人』。

人気ドラマの『半沢直樹』に近いと話題になっており原作は誰なのか注目されている。

しかし、『小さな巨人』には原作はなく原作者はいないなのだ。

つまり『小さな巨人』はオリジナルでありTBSの制作した物語なのだ。

もちろん原作がないのだからもとになった小説や漫画も存在しない。

だから今後の物語は想像しかできない状態である。

それだけに『小さな巨人』は予想できずに面白いのかもしれない。

 

鍵を握っているのは脚本

ドラマの原作がないということは重要なのが脚本家の存在だろう。

『小さな巨人』で脚本を担当しているのは丑尾健太郎だ。

丑尾健太郎は映画『陽気なギャングが地球を回す』で脚本家デビューした。

他にもドラマ『ショムニ2013』や映画『シャカリキ!』などの脚本を務めている。

さらに脚本協力には八津弘幸がいる。

八津弘幸は『半沢直樹』や『下町ロケット』でも脚本を務めているだけに

今回は『小さな巨人』では大きな存在になっているだろう。

丑尾健太郎と八津弘幸のタッグでどれほどのストーリーができるのか楽しみだ。

今後どのようなストーリー展開になっていくのか読めないが

丑尾健太郎と八津弘幸が織りなす物語に注目しよう。

 

まとめ

4月から始まった新ドラマで注目なのが『小さな巨人』だ。

『半沢直樹』にも近い物語だけに原作の存在が気になる。

しかし、原作はなく小説や漫画はないのだ。

つまり『小さな巨人』はオリジナルな物語なのだ。

そうなると脚本家の存在が物語に大きな関係をもたらすだろう。

『小さな巨人』の脚本は丑尾健太郎で脚本協力は八津弘幸だ。

この2人のタッグでどんな物語になっていくのか注目だ。

 
<こちらの記事も読まれています>

→小さな巨人 感想 長谷川博己不評!?2ちゃんねるの反応についてまとめてみた。

→小さな巨人 最終回のあらすじをネタバレ!山田春彦(岡田将生)の未解決事件とは?

→小さな巨人 半沢直樹みたい!キャストやスタッフが同じだった!?


Sponsored Link


Sponsored Link

最新の投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です