小さな巨人 黒幕予想は監察官!?原作あらすじをネタバレ!


Sponsored Link

4月から放送されたドラマで好調を維持しているドラマが『小さな巨人』だ。

今注目されているのが黒幕の予想である。

権力渦巻く警察内部を描いているので黒幕の存在が重要なのだ。

黒幕予想で話題になっているのが監察官である。

また、原作でのあらすじのネタバレも注目されている。

そこで今回は『小さな巨人』の黒幕予想で話題になっている監察官と

『小さな巨人』の原作あらすじのネタバレを紹介していきたい。

Sponsored Link

ドラマ『小さな巨人』の黒幕予想で話題は監察官

好調のドラマ『小さな巨人』は警察内部の権力闘争が物語の軸になっている。

それだけに主人公である香坂真一郎(長谷川博己)を

嵌めた黒幕の予想が視聴者の中ではされている。

そんな黒幕予想で話題になっているのが監察官である柳沢肇(手塚とおる)だ。

監察官は警察官による不正を調査する『警察の警察』である。

このことから柳沢肇が物語の鍵を握っているのではと話題になっているのだ。

予想としては警察官の不正を調査する監察官である柳沢肇が

実は悪に手を染めているパターンではないかと言われている。

意表を突く物語の展開が多く『小さな巨人』なら可能性があるだろう。

とにかく監察官・柳沢肇には注目だ。

 

原作あらすじのネタバレ!

それでは原作あらすじのネタバレをしたいところだがそれができない。

なぜなら『小さな巨人』には原作が存在しないからである。

実は『小さな巨人』はオリジナル脚本であり原作がないのだ。

それだけにあらすじのネタバレをしようにも情報がない。

だから黒幕予想やあらすじの予想が話題になっているのだろう。

また、オリジナル脚本ということは変更も可能ということだ。

『小さな巨人』は初回から二桁視聴率で好調である。

このことから『小さな巨人』の第二弾や映画化があるのかもしれない。

 

まとめ

好調を維持している『小さな巨人』では黒幕予想で話題になっている。

中でも監察官である柳沢肇に対する予想がある。

監察官は警察官の不正を調査するのだから黒幕だったら意外だ。

だが、『小さな巨人』なら意表を突く形で監察官が黒幕である可能性もあるだろう。

原作が存在しないのであらすじをネタバレすることができない。

しかし、オリジナル脚本ということは変更が可能である。

もしかしたら『小さな巨人』の第二弾や映画化もあるかもしれない。

今後の情報にも注目だ。


Sponsored Link


Sponsored Link

関連記事



最新の投稿