アキラとあきら ロケ地や撮影場所はどこ!?


Sponsored Link

池井戸潤原作のドラマ『アキラとあきら』が

WOWOWプライムで7月からスタートする。

向井理と斉藤工の共演とあって話題のドラマになりそうだ。

そんなドラマ『アキラとあきら』のロケ地や撮影場所はどこか気になる。

すでにロケ地や撮影場所の目撃情報があるようだ。

そこで今回は『アキラとあきら』のロケ地や撮影場所の情報を紹介したい。 

Sponsored Link

ドラマ『アキラとあきら』のロケ地(撮影場所)はどこ?

すでにドラマ『アキラとあきら』は撮影が始まっているようで

撮影ロケの目撃情報が数多く挙がっている。

東京都墨田区にあるJR総武線両国駅北口から徒歩数分の

下総屋食堂が撮影現場との目撃情報が多くみられる。

実はこの下総屋食堂はロケ地として有名で最近では

ドラマ『世界一難しい恋』でも撮影場所になっていたのだ。

また、千葉市にある千葉市立青葉病院でも目撃情報があった。

この場所もドラマのロケ地として有名であり『カルテット』や

『ドクターX』『リバース』でも千葉市立青葉病院でロケが行われたのだ。

 

栃木県足利市でエキストラの募集情報があった

すでにエキストラの募集は終わったようだが栃木県足利市にて

ドラマ『アキラとあきら』のエキストラの募集があったようだ。

このことから栃木県足利市も撮影現場になっているのがわかる。

栃木県足利市では喫茶店でのシーンや銀行前のシーン、

工場でのシーンなどが撮影されたとのことだ。

残念ながら場所を特定することはできなかったが、

ドラマを見ることで足利市にゆかりがある人はわかるかもしれない。

ドラマ『アキラとあきら』は池井戸潤が原作で向井理と斉藤工が共演している。

これだけでワクワクするドラマではないだろうか。

ぜひWOWOWでのドラマだが見てみたいものだろう。

 

まとめ

7月からWOWOWでドラマ『アキラとあきら』がスタートする。

池井戸潤の原作で向井理と斉藤工が共演するという豪華なドラマだ。

すでにロケは行われており撮影の目撃情報も多数挙がっている。

下総屋食堂や千葉市立青葉病院などドラマの

撮影場所として有名な場所を使用しているようだ。

また、栃木県足利市でもエキストラの募集がありロケが行われた。

池井戸潤原作で向井理と斉藤工が共演とあって期待度が高いドラマだけに注目だ。


Sponsored Link


Sponsored Link

関連記事



最新の投稿