アキラとあきら あらすじ原作(池井戸潤)をネタバレ!最終回の結末はどうなる?


Sponsored Link

7月からWOWOWでスタートするドラマ『アキラとあきら』が話題になっている。

原作が池井戸潤であり向井理と斉藤工が共演とあれば話題になって当然だろう。

そこで原作からあらすじをネタバレしていきたい。

また、最終回の結末もどうなるのか気になるだろう。

だから今回はドラマ『アキラとあきら』を原作からあらすじネタバレし、

最終回の結末がどうなるのかを紹介していきたい。

Sponsored Link

『アキラとあきら』の原作からあらすじをネタバレ

ドラマ『アキラとあきら』は池井戸潤の同名小説が原作となっている。

そこで原作小説からあらすじネタバレしていきたい。

物語は昭和の末期であり、銀行が舞台になっている。

大手銀行である産業中央銀行に東大出身のエリートである

階堂彬と山崎瑛が入社し、この2人が物語の主人公である。

2人が送ってきたのは正反対の暮らしだった。

階堂彬は大手海運会社東海郵船の御曹司で山崎瑛は零細企業の息子だ。

お互いの境遇を知らないまま良好なライバル関係を築いていく2人。

そして2人には過酷な試練が降りかかっていくという物語である。

 

最終回の結末はどうなる?

『アキラとあきら』では最後は大きな難問が待ち受けている。

階堂彬は東海郵船の筆頭株主となる。

しかし、バブルが崩壊し東海郵船の業績は悪化していく。

そんな中で階堂彬は銀行を辞めて東海郵船の社長に就任するのだ。

階堂彬は必死に倒産を回避するために動き、産業中央銀行の手を借りることにする。

難しい案件である今回、山崎瑛が東海郵船の担当者となった。

階堂彬と山崎瑛は2人の力を合わせて解決策を見つけ出す。

結末としては2人の計画は成功し倒産を回避することができた。

こうして階堂彬と山崎瑛の2人のアキラによる成長の物語なのだ。

 

まとめ

7月からWOWOWでドラマ『アキラとあきら』がスタートする。

池井戸潤原作の小説をドラマ化したとあって話題になっているようだ。

育った環境が真逆の階堂彬と山崎瑛による2人の成長物語である。

結末としてはハッピーエンドと言っていいだろう。

2人が仕事を通して成長していく姿を楽しむことができる。

主演は向井理と斉藤工だけにぜひ注目して見てほしい。


Sponsored Link


Sponsored Link

関連記事



最新の投稿