黒革の手帖 米倉涼子主演の最終回 結末をネタバレ!!


Sponsored Link

ドラマ『黒革の手帖』が武井咲主演で放送されている。

過去に何度も『黒革の手帖』はドラマ化されており前回は米倉涼子が主演だった。

そこで気になるのが米倉涼子主演時の最終回はどんな結末を迎えたかだろう。

ネタバレを気にしない人は最終回の結末を知っておきたい。

だから今回は米倉涼子主演だったドラマ『黒革の手帖』の

最終回の結末をネタバレしていきたい。 

Sponsored Link

米倉涼子が主演のドラマ『黒革の手帖』

 

7月から武井咲が主演でドラマ『黒革の手帖』が放送されている。

何度もドラマ化されている『黒革の手帖』だが前回は米倉涼子が主演だった。

米倉涼子が主演でドラマ化されたのは2004年である。

そのため、米倉涼子が主演の『黒革の手帖』は2004年版と言われることがある。

2004年版はテレビ朝日の木曜ドラマ枠で放送。

第22回ATP賞最優秀賞(ドラマ部門)を受賞するなど高い評価を受けた。

最終回の視聴率は17.7%であり、どれほど注目を集めていたのかがわかる。

ちなみに、2004年度版のラストは原作と異なることでも話題になった。

 

米倉涼子主演の2004年版の最終回・結末をネタバレ

2004年度版の最終回は米倉涼子演じる原口元子が津川雅彦演じる

長谷川庄司騙され、8400万円のキャンセル料を払わせられることになる。

原口元子は長谷川庄司の一晩付き合えば一生を引き受けようという条件を断る。

これにより、ロダンは手放し原口元子は借金取りに見張られることになる。

そして原口元子は仲村トオル演じる安島富夫と別荘へ逃げるのだ。

だが、安島富夫の車には発信機がついていて見つかってしまう。

安島富夫は長谷川庄司からヤミ献金の領収書を盗んでおり、

原口元子はこの領収書で長谷川庄司を脅すのである。

そして、大金を手に入れた原口元子はロダンを買い戻すのだ。

ロダンのオーナーになった原口元子だが、警察が原口元子を逮捕しようと来る。

そして原口元子は走り出すのが2004年版ドラマの結末だ。

 

黒革の手帖 2004年版の続編が2005年版

実は米倉涼子主演の2004年版が好評だったことを受けて、

2005年7月に続編としてスペシャルドラマの2005年版が包装された。

基本ベースは松本清張の短編小説である『白い闇』である。

『白い闇』をベースにして銀座を追われた原口元子が

復権を目指すストーリーになっている。

この2005年版も高く評価されており、視聴率は16.4%と高視聴率を獲得した。

果たして武井咲主演の2017年版はどんな評価を受けるのか。

原作が良いだけに気になるものである。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】黒革の手帖 DVD-BOX 【DVD】
価格:13132円(税込、送料無料) (2017/8/30時点)

 

まとめ

2017年7月20日から武井咲主演でドラマ『黒革の手帖』が放送されている。

『黒革の手帖』は何度もドラマ化されており前回は米倉涼子が主演だった。

2004年に米倉涼子主演で放送されて高く評価された。

さらに、翌年の2005年にもスペシャルドラマとして続編が放送されたのだ。

続編も高視聴率を獲得しており人気があるドラマとなった。

それだけに2017年の武井咲主演ではどうなるかが楽しみである。

ぜひ武井咲主演のドラマ『黒革の手帖』に注目してみてください。

 

→黒革の手帖 何話まであるの?最終回はいつ?

→黒革の手帖 視聴率速報!全話の視聴率まとめと最終回視聴率予想!

→黒革の手帖 武井咲 最終話(最終回)の結末はどうなる?ネタバレ!

→黒革の手帖 歴代主演女優をまとめてみた。山本陽子・米倉涼子・武井咲の評判は!?

→黒革の手帖 (ドラマ)あらすじをネタバレ!最終回の結末 原作(小説)はどうなる!?


Sponsored Link


Sponsored Link

関連記事



最新の投稿