アパート・マンションの台風対策方法についてまとめてみた。


Sponsored Link

台風は毎年のように梅雨時期から秋口にかけて日本列島に接近・上陸し

大なり小なりの被害をもたらしています。

そんな台風が接近してきた際のアパート・マンションの場合の対策方法

についてご存知ない方も多いでのはないでしょうか。

「備えあれば憂いなし」ですね。

しかし台風の対策?と言われてもピンとこないですよね。

アパート・マンションの場合、どのように対策しておけば良いのかを

こちらの記事で紹介したいと思います。

Sponsored Link

台風対策 マンション・アパートの場合

 

アパートやマンションにお住まいの方の中には、

建物が丈夫であるから安心と思って油断している方も多いかかもしれません。

アパートやマンションは一戸建てに比べて、土砂崩れや浸水・暴風の

影響は少ないかもしれないですが、台風が直撃した場合には被害にあうことも

予想されます。

他の記事で一戸建ての場合の安全対策について紹介しましたが、

マンションやアパートの場合はどのような対策が必要なのでしょうか。

 

  • ベランダ

お部屋の中に入れられるものは、できるかぎり入れましょう。強風であおられるとベランダに置いてあるものが吹き飛んで窓ガラスを破ったり、付近に飛んで行ってしまい大変危険です。ホコリをかぶっているものはゴミ袋などで覆ってお部屋の中を汚さないようにしましょう。ゴミ箱、植木、すだれ、レジャー用品なども強風にさらされるといともかんたんに吹き飛ばされてしまうので、お部屋の中に入れましょう。また物干し台、物干し竿などお部屋に入れられないものは、まとめて床面に寝かせてからベランダの手すりなどにひもで固定しておきます。

 

  • ベランダの洗濯機

強風で吹き飛ばされることがあります。しかし、お部屋には持ち込めないのでベランダに固定しておきましょう。洗濯槽のフタ、コード、ホース類は、ガムテープなどで本体に固定します。ゴミ袋をかぶせてもよいでしょう。ただし、ブルーシートなど破れにくいものは風で帆のようにふくらみ、かえって危険なので使わないほうが無難です。洗濯槽には水をいっぱいに給水して洗濯機を重くしておきましょう。

 

  • ベランダの排水口

ベランダの排水口のゴミを取り除いておきましょう。落ち葉などが排水口をふさいでいると、集中豪雨であっという間にベランダに水が溜まってしまいます。

 

外から飛んできたものが窓ガラスを突き破る可能性があります。サッシ(窓枠)の外側に雨戸がついていれば、雨戸をキチンと閉めておくだけでOKです。雨戸がついていない場合は、窓ガラスが割れたときの飛散防止として内側から布のガムテープを縦横斜めに貼っておきましょう。念のためカーテンは閉めておきましょう。

 

  • その他

自転車置き場に置いてある自転車にカバーなどかけてあれば、風で自転車が倒れてしまうので外しておきます。また戸外に郵便受けがある場合、郵便物がぬれたり吹き飛ばされてしまうので事前に回収しておくか、一時的にテープなどで塞いでおきましょう。いずれにしても停電、断水などに備えて懐中電灯、ローソク、ミネラルウオーター、ラジオ、スマホなどに充電できる予備のバッテリー、食料品などを準備しておくことも忘れずに。

注意報が発令されてから対策するのでは遅いので、台風の進路予想が出ている段階で準備しましょう。ニュースなどで常に最新の情報を確認して対策を行ってください。風雨が強くなってからはベランダに出ないようにしましょう。また、風雨が弱くなっても突風が吹くこともあるので、十分に注意してください。

アパート、マンションの台風対策とは?


Sponsored Link


Sponsored Link

関連記事



最新の投稿