【黒革の手帖】原口元子の年齢設定は?武井咲は年齢でミスキャストの評判も?


Sponsored Link

現在放送中のドラマ『黒革の手帖』では武井咲が主演で原口元子を演じている。

何度もドラマ化された『黒革の手帖』だけに、

今回の武井咲が演じる原口元子には注目である。

しかし、気になるのが主人公・原口元子の年齢設定ではないだろうか。

銀行から横領して夜の世界で悪人と渡り合う悪女の年齢設定はいくつなのだろう。

また、武井咲は年齢的にミスキャストではとの評判もあるほどだ。

そこで今回は、原口元子の年齢設定や武井咲が年齢的に

ミスキャストとの評判について調べてみたので紹介していきたい。

Sponsored Link

原口元子の年齢設定は?

気になる原口元子の年齢設定だが、今回は単刀直入に25歳である。

現在放送中のドラマ『黒革の手帖』では原口元子のみ年齢設定が公表されている。

そして、その年齢が25歳なのだ。

他のキャストの年齢設定について現在までに公表されていない。

ちなみに、前回ドラマ化された米倉涼子が演じた原口元子は29歳の設定だった。

また、原作である松本清張の同名小説では原口元子は35歳の設定になっている。

原口元子は作品によって設定年齢が変わっているのだ。

 

武井咲は年齢的にミスキャストとの評判?

ドラマ『黒革の手帖』の2017年版で武井咲が主演で原口元子を

演じると発表されると「ミスキャストでは?」との声が挙がった。

これは今までの原口元子の年齢設定と照らし合わせたからだろう。

そもそも、『黒革の手帖』で原口元子は悪人とも渡り合う策略家で悪女だ。

そのため、イメージとして現在23歳の武井咲では年齢的に若いと感じたのだろう。

だから、武井咲が原口元子を演じると発表されると

年齢的にミスキャストだと評判になったのだ。

ちなみに、米倉涼子が原口元子を演じた当時は29歳だった。

 

放送後の武井咲の評判は?

ドラマ『黒革の手帖』が放送される年齢的にミスキャストとの評判は消えた。

これは、今回の原口元子の年齢設定が25歳と比較的に

武井咲の実年齢と近いから違和感がなかったからだろう。

また、武井咲の演技力によるものでもある。

武井咲では悪人と渡り合う悪女役は演技的にミスキャストとも言われていたのだ。

しかし、武井咲は見事に悪女役を演じきっている。

そのため、武井咲が原口元子はミスキャストとの声がなくなったのである。

まさに前評判を武井咲は覆すことに成功したのだ。

そのためか、今回の『黒革の手帖』も高評価で人気になっている。

今後も武井咲演じる原口元子には注目していきたい。

 

まとめ

現在放送中のドラマ『黒革の手帖』では武井咲が主演だ。

そして、武井咲が悪女役として原口元子を演じているのである。

今回の原口元子の年齢設定は25歳だ。

放送前は武井咲が原口元子を演じることを年齢的にミスキャストではと評判だった。

しかし、放送されてからはミスキャストとの声が聞こえない。

これは年齢設定と武井咲の演技力によるものだ。

今後の武井咲が演じる原口元子を楽しみにしていきたい。


Sponsored Link


Sponsored Link

最新の投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です