陸王ドラマ化 キャストやロケ地撮影場所を紹介!出演者ネタバレ予想!!


Sponsored Link

池井戸潤の小説『陸王』が2017年10月からドラマ放送される。

そこで気になるのが、ドラマ『陸王』に出演するキャストやロケ地・撮影場所だ。

すでに決まっているキャストのネタバレや出演者予想もネットでは話題になっている。

また、ロケ地や撮影場所の情報もネット上ではすでに注目されている。

そこで今回は、ドラマ『陸王』の出演者キャストの

ネタバレと予想にロケ地・撮影場所の紹介をしていきたい。

Sponsored Link

ドラマ『陸王』の出演者ネタバレとキャスト予想

10月にスタートするドラマ『陸王』の出演者は一部決定しており発表されている。

ドラマ『陸王』の主人公・宮沢紘一を演じるのは役所広司だ。

また、宮沢紘一の長男役としては山崎賢人であることも決まっている。

残念ながら現時点では、役所広司・山崎賢人しか出演者はわかっていない。

そこで、ネット上ではキャスト予想がさまざまなサイトでされている。

キャスト予想では宮沢紘一の妻役に浅田美代子や戸田恵子などの声がある。

また、宮沢紘一の娘役には土屋太鳳や駒井蓮などの名前が挙がっているのだ。

果たして、他のキャストは誰が起用されているのであろうか。

池井戸潤の小説が原作のドラマは基本的に豪華なキャストになることが多い。

そのため、ドラマ『陸王』でも出演者が豪華になることが期待できて楽しみだ。

 

ドラマ『陸王』のロケ地・撮影場所をネタバレ

ドラマ『陸王』はどこがロケ地・撮影場所となっているのかも気になるだろう。

『陸王』のメイン舞台は埼玉県行田市となっており、

行田市がロケ地・撮影場所となっていることが予想されている。

しかも、行田市はツイッターで『陸王』の協力をすることもツイートしているのだ。

また、2017年1月1日に開催されたニューイヤー駅伝でもロケは行われた。

ニューイヤー駅伝の会場である群馬県庁周辺がロケ地になっていたのだ。

他のロケ地・撮影場所としてはまだ情報が出ていない。

エキストラ募集の情報もないため、今後の情報に注目です。

 

まとめ

2017年10月にドラマ『陸王』がスタートする。

ドラマ『陸王』は池井戸潤の同名小説が原作だ。

すでにキャストとして役所広司と山崎賢人が発表されている。

他のキャストはまだ発表されていないが、ネット上では予想がされている。

また、すでにロケは始まっているとのことだ。

2017年1月1日のニューイヤー駅伝でロケが行われたのだ。

他のロケ地・撮影場所情報は今のところない。

10月にドラマ『陸王』がスタートするのが楽しみだ。


Sponsored Link


Sponsored Link

関連記事



最新の投稿