台風15号 2017最新情報!関東や東北・北海道の上陸予定日はいつ?


Sponsored Link

2017年台風15号が小笠原諸島周辺に位置している。

最新情報によると、台風15号はゆっくりと東に進んでいるようだ。

その後、北上することが予想されており、関東や東北、北海道に接近する。

そこで気になるのが関東や東北、北海道に上陸するのかだろう。

台風15号が関東や東北、北海道に上陸するのなら警戒をするべきだろう。

だから今回は2017年台風15号の最新情報と

関東や東北、北海道に上陸するのかを紹介していきたい。

Sponsored Link

台風15号 2017の最新情報

気象庁は8月31日11時45分に台風15号の最新情報を発表した。

発表によると8月31日11時の段階で台風15号は父島の南西約50㎞だ。

父島は小笠原諸島にある島であり、小笠原諸島周辺に台風が滞在している。

進行方向は東であり、速さは10㎞/hと非常にゆっくりと進んでいるのだ。

気象庁は台風15号の進路予想についても発表している。

進路予想としては、9月1日も小笠原諸島周辺に停滞するようだ。

その後は、日本の東を北上していくことが予想されている。

小笠原諸島周辺は台風15号の影響を長時間受けるため注意が必要だ。

また、関東や東北、北海道も週末にかけて台風15号が接近する予想である。

できるだけ台風15号には警戒をするべきだろう。

 

台風15号 2017の関東や東北、北海道の上陸予定日はいつ?

気になるのは、台風15号が今後関東や東北、北海道に上陸するのかだ。

9月2日から3日にかけて関東や東北に台風15号は接近する。

しかし、現在の気象庁の予想では関東や東北には台風15号は上陸しないようだ。

その一方で北海道に関しては上陸する可能性が高くなっている。

予想では9月3日に北海道に最接近し上陸する可能性があるのだ。

また、予想はあくまでも予想であり、実際はどの進路となるかわからない。

そのため、関東や東北もしっかりと警戒をするべきだろう。

関東や東北、北海道では台風15号の影響を強く受けることが予測できる。

警戒を怠らないで、台風15号の最新情報の収集を心がけてください。

 

まとめ

台風15号の最新情報では小笠原諸島周辺に台風はあるようだ。

ゆっくりと進んでおり、小笠原諸島周辺に停滞するようである。

その後は日本列島の東を北上していくとのことだ。

関東や東北には上陸しないとの予想がされている。

しかし、9月3日には北海道に上陸する可能性があるのだ。

また、予想が外れて関東や東北に上陸することも考えられる。

関東や東北、北海道では台風15号に注意してください。


Sponsored Link


Sponsored Link

関連記事



最新の投稿