台風15号 2017東京(関東)直撃!?上陸の影響やピーク予想はいつ?


Sponsored Link

2017年台風15号が小笠原諸島周辺に停滞している。

そこで気になるのが台風15号による東京・関東への影響だ。

そもそも、台風15号は関東に直撃するのか気になる。

また、関東に上陸・接近したときはどんな影響を及ぼすのだろうか。

そして、関東に影響を与えるピークはいつになるのだろうか。

上陸の影響やピークがいつかわかることで対策をすることができる。

だから今回は、2017年台風15号は関東に直撃するのかと

上陸による影響やピークはいつになるのかの予想を紹介していきたい。

Sponsored Link

台風15号 2017は東京(関東)に直撃するのか?

気象庁の発表によると、台風15号は2017年8月31日17時の段階で

小笠原諸島にある父島の北西約30㎞の位置している。

台風15号はゆっくりと北に進んでおり、今後も北上していく予想だ。

気になる今後の進路予想だが、台風15号はこのままゆっくりと

北上していき関東の東の海上を進んでいくことになっている。

現在の台風15号の予想進路では東京を含む関東に直撃はしない。

しかし、台風15号が関東に接近した際には影響されることが予想される。

そのため、関東でも台風15号には警戒して最新情報をこまめに確認するべきだ。

 

台風15号 2017の上陸の影響やピーク予想はいつ?

それでは、関東に接近する台風15号の影響やピーク予想を紹介していく。

台風15号が関東に最接近するのは9月2日であることが予想されている。

しかし、台風15号の影響は8月31日から関東に及ぼすだろう。

8月31日の深夜から9月1日の早朝頃には関東の

沿岸部を中心に強い雨や風が予測されているのだ。

さらに、海上では非常に強い風が吹き高潮にも警戒が必要である。

そして、9月1日~2日にかけて雨脚は強まるだろう。

台風が最接近をすると予測されている9月2日が

台風15号の影響を受けるピークになっている。

そのため、9月2日には交通機関への影響を及ぼす可能性もあるのだ。

とにかく、関東では8月31日の深夜~9月2日まで要注意である。

台風15号の最新情報を確認し、対策をするようにしてください。

 

まとめ

台風15号は現在小笠原諸島周辺に停滞している。

今後はゆっくりと北上をしていく予想となっている。

東京・関東に直撃はしないとの予想だが警戒は必要だ。

さらに、8月31日の深夜から台風15号の影響を受けそうだ。

関東の沿岸部を中心に雨や風が強くなっていきそう。

そして台風15号の影響のピークは最接近する9月2日だ。

関東に住む人は、最新情報を確認して台風対策をしてください。


Sponsored Link


Sponsored Link

関連記事



最新の投稿