オトナ高校(ドラマ) 漫画はある?原作あらすじをネタバレします!!


Sponsored Link

こちらの記事ではドラマ「オトナ高校」の原作や漫画、

あらすじについて紹介しています。

10月14日スタートする新ドラマが『オトナ高校』だ。

三浦春馬主演の注目ドラマとなっている。

気になるのが『オトナ高校』の原作はあるのかだろう。

ぶっ飛んだ設定だけに漫画があってもおかしくない。

そして、漫画や原作があるとしたらどんなあらすじなのか気になる。

あらすじネタバレを知ることでドラマをより楽しむことができるでしょう。

そこで今回は、ドラマ『オトナ高校』には漫画があるのか?や

原作あらすじなどについて調べてみたので紹介していきます。

Sponsored Link

ドラマ『オトナ高校』の基本情報

ドラマ『オトナ高校』は10月14日スタートで毎週土曜日放送のドラマとなっている。

朝日テレビの土曜11時枠に新しく誕生する土曜ナイトドラマの第一弾だ。

そんなドラマ『オトナ高校』で主演を務めるのが三浦春馬である。

イケメンの三浦春馬だが、このドラマでは童貞エリートを演じるのだ。

今までの雰囲気と違った三浦春馬を見ることができそうだ。

キャストも豪華で、高橋克実や黒木メイサ、竜星涼らが出演する。

ドラマ内の設定がなかなかぶっ飛んでいるだけに楽しいドラマになりそうだ。

 

ドラマ『オトナ高校』に漫画はある?原作は?

ドラマ『オトナ高校』は異性との性経験がない30歳以上の男女が

強制的に入学させられる「オトナ高校」が舞台の中心である。

そんな現実味のない、ぶっ飛んで設定なだけに漫画が原作ではと思われる。

だが、実際には『オトナ高校』の漫画は存在していない。

実はドラマ『オトナ高校』は原作がないオリジナルドラマなのだ。

ドラマ『オトナ高校』で脚本を務めるのは橋本裕志である。

橋本裕志はドラマ『ショムニ』シリーズや『ウォーターボーイズ』

シリーズなどで脚本を務めており、ぶっ飛んだ設定には定評がある。

それだけに、ドラマ『オトナ高校』でも面白い脚本が期待できるのではないか。

原作がないオリジナル脚本のドラマだけに、脚本家である

橋本裕志の腕にドラマの成功はかかっているだろう。

 

ドラマ『オトナ高校』のあらすじをネタバレ

ドラマ『オトナ高校』では公的教育機関「オトナ高校」が舞台の中心だ。

「オトナ高校」には異性との性体験のない30歳以上の男女が入学させられる。

主人公の荒川英人(三浦春馬)もまた「オトナ高校」に入学させられるのだ。

荒川英人は東大卒でトップバンクの幹部候補ながら、童貞なのである。

強制的に入学させられた「オトナ高校」の卒業条件は童貞卒業をすることだ。

そこで、荒川英人は「オトナ高校」で恋愛を学びながら成長していく物語である。

 

まとめ

ドラマ『オトナ高校』が10月14日にスタートする。

三浦春馬主演のドラマで、ぶっ飛んだ設定となっている。

あの三浦春馬が童貞エリートを演じるのだ。

そんなドラマ『オトナ高校』だが、原作は存在しない。

脚本家・橋本裕志によるオリジナル脚本となっているのだ。

橋本裕志と言えば「ショムニ」「ウォーターボーイズ」シリーズで脚本を務めた。

それだけに、『オトナ高校』も面白いストーリーとなりそう。

ぜひ、ドラマ『オトナ高校』を注目してみてください。


Sponsored Link


Sponsored Link

関連記事



最新の投稿