オトナ高校(ドラマ) 黒木メイサが処女役!?三浦春馬が童貞?出演者キャスト相関図についてまとめてみた。


Sponsored Link

ドラマ『オトナ高校』は10月スタートの土曜11時台のドラマだ。

三浦春馬が主演で主演者キャストには黒木メイサや高橋克実らがいる。

なかなか設定がぶっ飛んでおり、バラエティー色が強いドラマとなっている。

なんと黒木メイサは処女役であり、三浦春馬が童貞役を演じるのだ。

この時点で、設定がおかしいのがよくわかるだろう。

それだけに、出演者キャストの相関図も気になってくるだろう。

そこで今回は、黒木メイサや三浦春馬の役柄と出演者キャストの

相関図についてまとめてみたので紹介したい。

Sponsored Link

黒木メイサは処女役!?

ドラマ『オトナ高校』に出演する黒木メイサは園部真希役である。

黒木メイサ演じる園部真希は商社で働くバリバリのキャリアウーマンである。

しかし、「オトナ高校」に入学していることからわかるように処女だ。

「仕事が恋人」とうそぶくが、実際は仕事も恋愛も100%達成したいと考えている。

しかも、常に2番目の女でありながら、男性に

「なんか重すぎる」と思われ未だに処女なのだ。

そんな女性を黒木メイサが演じるのだから面白い。

ちなみに、黒木メイサは出産後初のドラマ復帰となる。

しかも、制服姿を見ることができるだけに楽しみだ。

 

三浦春馬は童貞役!?

ドラマ『オトナ高校』の主人公・荒川英人を演じるのは三浦春馬だ。

東大卒でトップ銀行「ヤマト銀行」の国際部社員で幹部候補である。

高身長・高学歴・高年収でエリートなのに童貞という役柄だ、

「オトナ高校」では「落ちこぼれ生徒」と認定されてしまう。

プライドが高く、人を上から分析したり、デートで

うんちくを披露したりするので残念な男だ。

三浦春馬と言えばイケメン俳優なのに今回は童貞役であり注目だ。

どんな残念な男ぶりを演じるのかが楽しみである。

また、そんな残念な男がどんな成長をするのかにも注目だ。

 

ドラマ『オトナ高校』の出演者キャストの相関図

三浦春馬演じる荒川英人は主人公であり「オトナ高校」の生徒である。

そして、黒木メイサ演じる園部真希もまた「オトナ高校」の生徒である。

同じく「オトナ高校」の生徒として権田勘助(高橋克実)が登場。

権田勘助もトップバンク「ヤマト銀行」の国際部であり部長だ。

他にも「オトナ高校」の生徒として斑益美(山田真歩)や

川本・カルロス。有(夕輝壽太)らが出演することになっている。

また、「オトナ高校」の教師陣には山田翔馬(竜星涼)や

姫谷さくら(松井愛莉)、持田守(正名僕蔵)らが登場する。

もちろん、教師陣は経験豊富の男性・女性という設定だ。

「オトナ高校」の校長として嘉数喜一郎(杉本哲太)も出演する。

謎の存在なのだが、実は内閣府特別政務官とのことだ。

このように、なかなかバラエティーに富んだキャストが出演するのである。

 

まとめ

ドラマ『オトナ高校』は10月スタートの注目ドラマだ。

黒木メイサは処女役であり、三浦春馬は童貞役である。

美男美女が処女・童貞を演じるのだからぶっ飛んでいる設定だ。

他の出演者キャストもなかなか豪華である。

それだけに、ドラマ『オトナ高校』は楽しみだ。

ぜひドラマ『オトナ高校』を注目してみてください。


Sponsored Link


Sponsored Link

関連記事



最新の投稿