ユニバーサル広告社 ロケ地や撮影場所はどこ?モデル企業はあるのか?


Sponsored Link

10月20日スタートのドラマ『ユニバーサル広告社』は注目だ。

沢村一樹主演に脚本岡田恵和という『ひよっこ』コンビが再結成する。

そんな注目ドラマだけに、ロケ地や撮影場所が気になるだろう。

そこがロケ地や撮影場所となっているのだろうか。

また、「ユニバーサル広告社」のモデル企業があるのかも気になる。

モデル企業があったとしたら、どの企業なのだろうか。

そこで今回は、ドラマ『ユニバーサル広告社』のロケ地や撮影場所はどこか?や

モデル企業はあるのか?について調べてみたので紹介していきたい。

Sponsored Link

ドラマ『ユニバーサル広告社』の基本情報

ドラマ『ユニバーサル広告社』は10月20日スタートのドラマだ。

主演を務めるのは沢村一樹で脚本は岡田恵和と

朝ドラ『ひよっこ』のタッグを見ることができる。

また、共演者には片瀬那奈や要潤、和久井映見などが決定している。

他にも個性的な人物がどんどん登場するだけに楽しみだ。

ドラマ『ユニバーサル広告社』の原作は荻原浩の小説である

ユニバーサル広告社シリーズ『花のさくら通り』となっている。

ちなみに、同シリーズは他にも発売されており人気となっている。

ドラマ『ユニバーサル広告社』のロケ地や撮影場所はどこ?

注目ドラマだけに『ユニバーサル広告社』のロケ地や撮影場所はどこか気になる。

そのため、ロケ地や撮影場所についていろいろ調べてみたがわからなかった。

ドラマの公式ツイッターなどでもロケ地や撮影場所はわからない。

ただし、ツイッターによるとすでにロケはスタートしているようだ。

また、エキストラ情報からロケ地や撮影場所を特定しようとしたが、

残念ながらエキストラ募集の情報がなかった。

そのため、ロケ地や撮影場所はわからなかった。

しかし、徐々にこれからロケ地や撮影場所の情報も公開されるだろう。

 

ドラマ『ユニバーサル広告社』のモデル企業はあるのか?

ドラマ『ユニバーサル広告社』は「ユニバーサル広告社」がメインの舞台になる。

そこで気になるのが「ユニバーサル広告社」にはモデル企業はあるのか?だろう。

いろいろ調べてみたが、モデル企業があるのかはわからなかった。

しかし、原作小説の著者である荻原浩は広告代理店で働いていた経験がある。

そのため、「ユニバーサル広告社」は荻原浩の

広告代理店時代が参考にされていると言われている。

とにかく、ドラマ『ユニバーサル広告社』は面白いドラマとなっているようだ。

そのため、ぜひ注目してみてください。

 

まとめ

ドラマ『ユニバーサル広告社』が10月20日スタートする。

主演・沢村一樹、脚本・岡田恵和の『ひよっこ』タッグで注目なのだ。

他にも、片瀬那奈や要潤、和久井映見らが出演する。

どんな『ユニバーサル広告社』のロケ地や撮影場所はわからなかった。

すでにロケは始まっているようだが、情報はなかったのだ。

今後情報は公開されていくのではないだろうか。

また、「ユニバーサル広告社」のモデル企業についてもわからなかった。

しかし、原作著者の荻原浩は広告代理店に勤めていた過去がある。

そのときの経験が参考されているとのことだ。

そんなドラマ『ユニバーサル広告社』をぜひ楽しみにしてください。


Sponsored Link


Sponsored Link

関連記事



最新の投稿