ユニバーサル広告社 原作あらすじ最終回をネタバレ!視聴率予想は?


Sponsored Link

こちらの記事ではドラマ ユニバーサル広告社の原作あらすじについて、

最終回や視聴率予想について紹介したいと思います。

 

10月20日スタートの注目ドラマが『ユニバーサル広告社』だ。

主演を沢村一樹、ヒロインには和久井映見が演じる。

さらに、脚本は岡田恵和であり『ひよっこ』色があるのだ。

そんなドラマ『ユニバーサル広告社』だが原作がある。

原作があるだけに、原作あらすじや最終回結末のネタバレが気になるだろう。

どんなあらすじであり、最終回結末を迎えるのだろうか。

また、視聴率予想も気になる。

そこで今回は、ドラマ『ユニバーサル広告社』の原作あらすじと

最終回の結末ネタバレや視聴率予想について紹介していきたい。

Sponsored Link

ドラマ『ユニバーサル広告社』の原作あらすじについて

ドラマ『ユニバーサル広告社』の原作は、荻原浩の

ユニバーサル広告社シリーズ『花のさくら通り』である。

ちなみに、ユニバーサル広告社シリーズは累計37万部を売り上げており人気だ。

原作あらすじとしては、主人公・杉山利史(沢村一樹)を中心にした物語だ。

杉山利史は日本を代表する広告代理店に勤めていたコピーライターである。

売れっ子だった杉山だが、独立しようとして失敗。

そんな杉山に救いの手を差し伸べてくれたのがユニバーサル広告社である。

しかし、ユニバーサル広告社は会社の移転で廃れたシャッター商店街にたどり着く。

そんな小規模広告代理店で杉山が奮闘する物語である。

 

ドラマ『ユニバーサル広告社』の最終回結末のネタバレ

ユニバーサル広告社に拾われた杉山だが、廃れたシャッター商店街に会社は移転。

しかも、村意識が強いため、地元商店街からはよそ者扱いされる。

杉山たちは「さくら祭り」のチラシを頼まれることになる。

商店街の活性化のために「さくら祭り」を盛り上げようとする杉山。

しかし、杉山の計画に対して商店街の人たちは反対する。

だが、杉山が連続放火犯を探すのに協力したことで風向きがかわる。

地元の商店街の人とも心を通わせることに成功するのだ。

こうして、杉山らが商店街を復活させるために奮闘する物語なのである。

 

ドラマ『ユニバーサル広告社』の視聴率予想

ドラマ『ユニバーサル広告社』はテレ東で金曜8時のドラマである。

しかし、今までテレ東8時のドラマの視聴率は悪い。

2013年10月からスタートした連続ドラマ枠だが、平均視聴率10%を

超えたのが『三匹のおっさん~正義の味方、見参‼~』だけだった。

それだけに、『ユニバーサル広告社』も苦戦を強いられそうだ。

それでも、原作ファンが多いことから通常よりは機体ができる。

ドラマ『ユニバーサル広告社』の視聴率予想は8%だ。

どんな視聴率を叩き出すのか楽しみである。

 

まとめ

ドラマ『ユニバーサル広告社』は2017年10月20日スタートのドラマだ。

主演を沢村一樹、ヒロインを和久井映見が演じる。

原作は荻原浩のユニバーサル広告社シリーズ『花のさくら通り』だ。

人気の高いシリーズだけに、ドラマ化も成功しそうな予感である。

視聴率予想としては8%前後だろう。

放送スタートするのが楽しみである。


Sponsored Link


Sponsored Link

関連記事



最新の投稿