先に生まれただけの僕 (先僕)の最終回をネタバレ!キャストや主題歌は?


Sponsored Link

こちらの記事では先に生まれただけの僕 (先僕)の最終回やあらすじ、

キャストや主題歌について紹介しています。

 

10月14日にスタートする注目ドラマが『先に生まれただけの僕』だ。

櫻井翔主演のドラマとなっており注目のドラマとなっている。

しかも、蒼井優や多部未華子など豪華なキャストも登場。

そんなドラマ『先に生まれただけの僕』だけにあらすじや最終回ネタバレが気になる。

あらすじや最終回ネタバレを知ることでよりドラマを楽しめるだろう。

また、キャストの詳細や主題歌についても気になるだろう。

そこで今回は、櫻井翔の主演ドラマ『先に生まれただけの僕』のあらすじや

最終回ネタバレ、キャストや主題歌について調べてみたので紹介していきたい。

Sponsored Link

ドラマ『先に生まれただけの僕』のあらすじネタバレ

櫻井翔主演のドラマ『先に生まれただけの僕』は10月14日スタートする。

主演の櫻井翔が演じるのはエリート商社マン・鳴海涼介だ。

総合商社樫松物産の商社マンである鳴海涼介が出向を命じられる。

その出向先が京明館高等学校であり、鳴海涼介は高校の校長になるのだ。

実は、京明館高等学校は赤字が続いて不採算部門となっている。

それを商社マンである鳴海涼介が校長となり、再建する物語となっているのだ。

一見すると学園ドラマだが、教師たちの人間物語となっている。

引用:http://www.ntv.co.jp/sakiboku/story/index.html

 

ドラマ『先に生まれただけの僕』の最終回をネタバレ

気になるのがドラマ『先に生まれただけの僕』の最終回ネタバレでしょう。

しかし、『先に生まれただけの僕』はオリジナル脚本となっている。

そのため、最終回については確定情報がなくネタバレできない状態だ。

だが最終回の予想についてはできるので、予想をしていきたい。

最終回予想としては、鳴海涼介が京明館高等学校を立て直すことができるだろう。

商社マンとしての手腕を発揮し、学校立て直しを成し遂げることが予想される。

『先に生まれただけの僕』では教師陣の変化が注目されている。

最終回までに現場の教師陣がどう変化していくのかに注目だ。

 

ドラマ『先に生まれただけの僕』のキャストや主題歌は?

ドラマ『先に生まれただけの僕』のキャストは豪華となっている。

主演を演じるのは嵐の櫻井翔だ。

櫻井翔の恋人役としては多部未華子がキャスティングされている。

そして、教師を演じる蒼井優との三角関係について注目だ。

他の教師陣のキャストには、瀬戸康史や木下ほうか、森川葵などが登場。

総合商社樫松物産のキャストには高嶋政伸や平山浩行らが出演する。

 

気になる主題歌は、嵐の「Doors~勇気の軌跡~」に決まっている。

嵐の53枚目のシングルであり、2017年11月8日発売予定だ。嵐の主題歌にも注目だ。

<初回限定版 購入はこちら↓ ↓ ↓>

 

まとめ

ドラマ『先に生まれただけの僕』は10月14日にスタートする。

櫻井翔主演のドラマであり、多部未華子や蒼井優らも出演する。

櫻井翔演じる鳴海涼介は商社マンなのだが、出向して校長となるのだ。

鳴海涼介は高校の立て直しをするために出向させられたのだ。

最終回では高校の再建ができるのかに注目である。

気になる主題歌は嵐の「Doors~勇気の軌跡~」に決定している。

嵐が歌う主題歌も注目だろう。


Sponsored Link


Sponsored Link

関連記事



最新の投稿