陸王のロケ地(撮影場所)に豊橋市が選ばれたのはなぜ?豊橋国際マラソンのモデル大会は?


Sponsored Link

ドラマ『陸王』は10月期ドラマの中でも高い評判だ。

そんなドラマ『陸王』はさまざまな場所がロケ地(撮影場所)になっている。

その中のひとつが豊橋市だ。なぜ豊橋市がロケ地になったのだろうか。

『陸王』では豊橋国際マラソンが開催された。

この豊橋国際マラソンにはモデル大会があるのではとの噂がある。

本当に豊橋国際マラソンにはモデル大会があるのだろうか。

そこで今回は、ドラマ『陸王』でなぜ豊橋市がロケ地に選ばれたのかと

豊橋国際マラソンにはモデル大会があるのかについて紹介していきたい。

Sponsored Link

なぜ『陸王』のロケ地に豊橋市が選ばれた?

ドラマ『陸王』のロケ地のひとつが豊橋市だ。

豊橋市ではドラマ内の豊橋国際マラソンのシーンが撮影されたのである。

なぜ豊橋市でマラソンシーンが撮影されたのだろうか。

豊橋市がロケ地に選ばれた理由は、ちょうど良い地方都市だったからのようだ。

国際マラソンのシーンだけにエキストラの人数が多い、

そして交通規制までしないといけない。

エキストラが集まりやすく、交通規制が容易

ということで豊橋市がロケ地に選ばれたようだ。

豊橋市は程よい地方都市であり、ロケーション的にもバッチリだったのだろう。

 

豊橋市でのロケは大掛かり

ドラマ『陸王』の豊橋市のロケは大掛かりだったようだ。

豊橋国際マラソンのシーンだけにエキストラの人数も大規模だった。

9月下旬の3日間、豊橋市では『陸王』の撮影を行った。

この3日間で延べ1万人ものエキストラがロケに参加したのである。

どれほど豊橋市でのロケが大掛かりで大規模だったのかよくわかるだろう。

ちなみに、この豊橋市のロケには役所広司や山崎賢人、

竹内涼真、佐野岳などが参加している。

 

豊橋国際マラソンにはモデル大会があるのか?

ドラマ『陸王』の中でも豊橋国際マラソンは非常に重要なシーンだ。

なぜなら、主人公の宮沢紘一(役所広司)とランナーの

茂木裕人(竹内涼真)の最初の接点なのだ。

それだけに、非常に重要なシーンとなっている。

ここで気になるのが豊橋国際マラソンにはモデル大会があるのかだろう。

豊橋国際マラソンという名前のマラソン大会は実在していない。

しかし、モデル大会があったとしてもおかしくないだろう。

いろいろ調べてみたのだが、豊橋国際マラソンにモデル大会があるのかわからなかった。

そのため、豊橋国際マラソンにはモデル大会がない可能性が高いだろう。

ちなみに、豊橋市では毎年穂の国・豊橋ハーフマラソンが開催されている。

2018年3月に第9回穂の国・豊橋ハーフマラソンが開催されるようだ。

 

まとめ

ドラマ『陸王』では豊橋市でロケが行われた。

豊橋市で撮影されたのは豊橋国際マラソンのシーンだ。

豊橋市がロケ地に選ばれた理由はちょうど良い地方都市だったからのようである。

そんな豊橋市でのロケは大掛かりであり、エキストラ1万人を動員した。

また、豊橋国際マラソンのモデル大会についてはわからなかった。

豊橋国際マラソンには、モデル大会が存在していないのかもしれない。

 

陸王のモデルとなっていると言われているランニング足袋も人気のようですね!
意外と安くて驚きです。健康にもいいようですね!

 
最後までお読みいただき有り難うございました!


Sponsored Link


Sponsored Link

関連記事



最新の投稿