陸王 ニューイヤー駅伝をネタバレ!ロケ地や撮影場所 原作での茂木のレース結果は!?


Sponsored Link

2017年秋ドラマの陸王が大人気で高視聴率を続けていますね。

陸王 ニューイヤー駅伝のロケ地やレース結果をネタバレします!

第5話では竹内涼真が演じる茂木がニューイヤー駅伝で陸王を履くのか、

アトランティスのR2を履くのか?大変注目が集まりましたが、どうやら陸王で

レースに臨むようです。陸王ニューイヤー駅伝のロケ地や撮影場所、

第6話での茂木のレース結果なども気になりますよね。茂木は完全復活なるのか?

こちらの記事ではニューイヤー駅伝のロケ地や撮影場所、

竹内涼真演じる茂木が新陸王を履いてどんなレース結果になるのかをネタバレしたいと思います。

Sponsored Link

陸王 ニューイヤー駅伝のロケ地や撮影場所は?

ニューイヤー駅伝のロケは11月4日に群馬県の前橋市で撮影が行われています。

前橋市のロケでは5000人のエキストラ募集があったようですが、

実際には7000人がロケに参加したようですね。

ロケ地は実際のニューイヤー駅伝が開催される群馬県前橋市の県庁前で行われています。

ちなみにニューイヤー駅伝は毎年1月1日の元旦に行われる実業団の日本一を決める

駅伝大会であり、距離は100キロで群馬県庁をスタート、ゴールとした7区間で行われているので、

本番さながらのロケ撮影だったようですね!!

 

 

陸王 ニューイヤー駅伝の原作での茂木のレース結果は?

茂木のレース結果が非常に気になるとところかと思いますが、

陸王ホームページでの第6話のあらすじは以下のようになっています。

 

いよいよ始まったニューイヤー駅伝。

怪我から復帰し、メンバーに選考された茂木(竹内涼真)が選んだシューズは、

アトランティス社の「RⅡ」ではなく、こはぜ屋の「陸王」だった。決意を新たに自分の出番を待つ茂木。

レースがスタートしてから順調にタスキをつなぐダイワ食品は、3位という絶好のポジションで、

4区を走るエース・立原(宇野けんたろう)がスタート。

みんなの期待を一身に背負い走り始めた立原だったが、連戦の疲れからか、

ほどなく失速してしまうと次々と順位を落としてしまった。先頭から大きく差をつけたられたダイワ食品チームだが、

いよいよ6区を走る茂木へタスキがつながれる。

同じ区間を走る毛塚(佐野岳)と静かに火花を散らす茂木。そんな茂木の力走に、

声をふりしぼって声援をおくる宮沢(役所広司)らこはぜ屋のメンバーたち…果たして勝負の行方は!?

引用:http://www.tbs.co.jp/rikuou_tbs/story/

 

と陸王公式ホームページでのあらすじ予告はあるが原作ではどのような展開か紹介します。

原作では6区を走る茂木が8位でタスキを受けます。ややオーバーペース気味で前半戦を走り、

7位、6位と順位を上げていきます。ライバルの毛塚選手は4位を走っており、遂に毛塚選手に追いつき

陸王 VS R2の戦いになります。以前箱根駅伝を沸かしたライバル対決の2人のため、マスコミも非常に熱が入る。

風があったため茂木は毛塚の後ろを15分以上追走。疲労も溜まっていた。

毛塚選手が茂木を突き放しにスパートをかけるが、茂木が更なるスパートをかけ遂に毛塚選手を追い抜いた。

最終的に3位の選手を抜き、2位でアンカーの平瀬へタスキリレーをした。というのが原作の展開だった。

https://twitter.com/rikuou_tbs/status/933116282420977664

 

ドラマ陸王では上記のライバル対決がどのように映像化されているか非常に楽しみですね!

 

足袋型ランニングシューズは陸王効果でかなり売れているみたいですね。

在庫切れが多いですが↓のシューズはまだ在庫があるようです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。


Sponsored Link


Sponsored Link

関連記事



最新の投稿