ドラマ アンナチュラル 原作者や脚本家は誰?漫画はあるのか?


Sponsored Link

ドラマ『アンナチュラル』は2018年1月12日にスタートだ。

人気女優の石原さとみが主演なだけに、視聴率も期待できそう。

そんなドラマ『アンナチュラル』だけに、原作者は誰なのか気になる。

誰が原作者であり、原作の漫画などはあるのだろうか。

原作の漫画などがあれば、ネタバレとして読みたい人も多いだろう。

そこで今回は、ドラマ『アンナチュラル』の原作者は誰なのかと

原作や漫画はあるのかなどをネタバレしていきたい。

Sponsored Link

ドラマ『アンナチュラル』の原作者は誰?

2018年1月期の注目ドラマが『アンナチュラル』だ。

石原さとみ主演のドラマだが、原作者は誰なのだろうか。

気になる原作者だが、実はドラマ『アンナチュラル』に原作はないようだ。

つまり、『アンナチュラル』はオリジナル脚本によるドラマとなっているのである。

そしてオリジナル脚本を手掛けるのは野木亜紀子となっている。

野木亜紀子と言えば、過去に多くのドラマを手掛けている脚本家だ。

今回のドラマ『アンナチュラル』も、素晴らしい

脚本となっているのではないだろうか。

 

脚本家・野木亜紀子とは?

ドラマ『アンナチュラル』の脚本を務めるのが野木亜紀子だ。

野木亜紀子は、今注目の脚本家の1人となっている。

2010年に『さよならロビンソンクルーソー』で

第22回フジテレビヤングシナリオ大賞を受賞した。

その後、さまざまな人気ドラマ・映画を手掛けている。

ドラマでは『空飛ぶ広報室』や『逃げるは恥だが役に立つ』などで脚本を務めた。

映画では『図書館戦争』や『俺物語!!』などを手掛けている。

人気作品が多いだけに、今回のドラマ『アンナチュラル』も注目となっているのだ。

主演を務めるのが石原さとみだけに、野木亜紀子と

石原さとみのタッグは非常に楽しみである。

演技だけでなく、ストーリーや脚本にも注目してみてください。

 

原作や漫画をネタバレ!

ここまで紹介してきたように、ドラマ『アンナチュラル』に原作はない。

そのため、原作漫画や原作小説なども存在していないのだ。

だから、ドラマの内容についてネタバレすることができないのが現状である。

オリジナル脚本となると、脚本家の腕がとても重要になるだろう。

まさに、野木亜紀子の脚本家としての手腕が問われるのではないだろうか。

今までの野木亜紀子の実力を見ていると、ドラマ『アンナチュラル』も楽しみだ。

野木亜紀子の脚本で石原さとみが、どんな女性を

演じるのかがポイントではないだろうか。

ぜひ、2018年1月12日スタートのドラマ『アンナチュラル』に注目してください。

 

まとめ

ドラマ『アンナチュラル』は2018年1月期の注目ドラマとなっている。

石原さとみ主演、野木亜紀子と人気女優・脚本家のタッグなのだ。

原作については存在しないので、野木亜紀子のオリジナル脚本である。

野木亜紀子の脚本家としての腕前が試されるのではないだろうか。

どんなストーリーになるのか、今から楽しみである。

ぜひ、ドラマ『アンナチュラル』に注目してみてください。


Sponsored Link


Sponsored Link

関連記事



最新の投稿