ドラマ 西郷どん 何話まで(全何話)ある?いつまで放送?最終回の日程をネタバレ!


Sponsored Link

2018年の大河ドラマは『西郷どん』である。

西郷隆盛を中心としたドラマとなっており、西郷隆盛を鈴木亮平が演じている。

そんな『西郷どん』だが、何話まで(全何話)ありいつまで放送か気になるだろう。

大河ドラマは1年間の放送だけに、全何話なのか知っておきたいのではないだろうか。

何話までなのかわかれば、最終回の日程ネタバレをすることができる。

そこで今回は、大河ドラマ『西郷どん』は何話まで(全何話)でいつまで放送なのかと

最終回の日程ネタバレについて調べてみたので紹介していきたい。

Sponsored Link

大河ドラマ『西郷どん』の基本情報

2018年の大河ドラマとして放送されているのが『西郷どん』だ。

明治維新の立役者のひとりである西郷隆盛を中心とした大河ドラマとなっている。

そんな西郷隆盛を演じるのは鈴木亮平だ。

他にも、瑛太や錦戸亮、渡辺謙などが出演している。

そんな大河ドラマ『西郷どん』の原作は、林真理子の同名小説である。

そして、脚本を務めるのが中園ミホだ。

中園ミホと言えば、『花子とアン』や『ハケンの品格』などで脚本を務めている。

大河ドラマ『西郷どん』は、キャスト・スタッフともに注目なのだ。

 

大河ドラマ『西郷どん』は何話まで(全何話)でいつまで放送?

1年間を通して放送される大河ドラマ。

もちろん、『西郷どん』も1年間放送されることになっている。

そこで気になるのが、『西郷どん』は何話まで(全何話)でいつまで放送なのかだ。

実は、すでに全何話までなのか決まっている。

大河ドラマ『西郷どん』は、全47話となっているのだ。

当初は全50話とされていたのだが、NHKの働き方改革の

一環として3話減らして全47話としたのである。

すでに全47話となることは、11月29日の

NHKエンタープライズ定例社長会見で公表している。

そのため、『西郷どん』が全47話であることは間違いないのだ。

 

大河ドラマ『西郷どん』の最終回の日程ネタバレ

大河ドラマ『西郷どん』の放送が全47話なので、

最終回の日程ネタバレができるだろう。

ただ、減らした3話をどうするのかわからないので最終回の日程は微妙だ。

考えられるのは2通りとなっている。

1つ目が全47話を一気に放送してしまい、11月末に最終回を迎えるパターンだ。

2つ目が途中で3話分の放送を大河ドラマ関係の特別番組として、

最終回は今まで通り12月の中旬にするパターンだ。

どちらのパターンもあり得るだけに、最終回の日程ネタバレは難しい。

どちらになるのか、今後も大河ドラマ『西郷どん』の情報を収集していきたい。

 

まとめ

2018年の大河ドラマは『西郷どん』であり、西郷隆盛が主役だ。

そして、主演を務めるのは鈴木亮平である。

注目の大河ドラマだが、放送回数は全47話と決まっている。

当初は全50話の予定だったが、働き方改革の一環として3話削減された。

最終回の日程ネタバレだが、2パターン考えることができる。

一気に47話放送して11月末に最終回のパターンと削減された

3話を特集にして例年通り12月中旬に最終回を迎えるパターンだ。

いずれにしても、どんな最終回となるのか楽しみである。

ぜひ、最後まで大河ドラマ『西郷どん』に注目してください。


Sponsored Link


Sponsored Link

関連記事



最新の投稿