『missデビル 人事の悪魔 椿眞子』原作者や脚本家は誰?原作や漫画はあるのか調べてみた。


Sponsored Link

4月スタートの注目ドラマが『missデビル 人事の悪魔 椿眞子』だ。

土曜10時からの放送で、菜々緒が主演となっている。

菜々緒が人事コンサルタント役であり、強烈なキャラクターを演じる。

そんな『missデビル 人事の悪魔 椿眞子』だが、気になるのが原作者や脚本家についてだ。

そもそも、原作や漫画はあるのだろうか。

原作や漫画があるなら、ドラマ放送の前にチェックしておきたいだろう。

また、ドラマは脚本家が重要であり、誰が脚本を務めるのか注目なのだ。

そこで今回は、ドラマ『missデビル 人事の悪魔 椿眞子』の原作者や脚本家は誰なのか、

そして原作や漫画があるのかについて調べてみたので紹介していきたい。

Sponsored Link

ドラマ『missデビル 人事の悪魔 椿眞子』に原作や漫画はあるのか?

4月にスタートするドラマ『missデビル 人事の悪魔・椿眞子』。

原作や漫画について調べてみたのだが、残念ながら存在しないようだ。

そのため、『miss デビル』はオリジナル脚本のドラマだ。

原作や漫画をドラマ化するのが多いなか、

『miss デビル』はオリジナル脚本で勝負するのである。

オリジナル脚本だけに、ストーリー展開を予想するのが難しい。

先が読めないというのは、オリジナル脚本の利点だろう。

それだけに、『miss デビル』がどんなドラマになっていくのか楽しみである。

 

ドラマ『missデビル 人事の悪魔 椿眞子』の脚本家は誰?

オリジナル脚本でポイントになるのが脚本家だ。

脚本によってストーリー展開が変わるため、誰が脚本を務めるのかが重要になる。

ドラマ『miss デビル』で脚本を務めるのは山浦雅大だ。

山浦雅大は、様々なドラマ・映画の脚本を務めている。

ドラマでは『銭形警部』『ルーズヴェルトゲーム』などを手掛けた。

映画では『亜人』『ハルチカ』などで脚本を務めている。

注目作品を手掛けてきた山浦雅大だけに、今回のドラマ

『miss デビル』ではどのような脚本となるのか楽しみである。

そのため、演技だけでなく、ストーリー展開にも注目したい。

 

ドラマ『missデビル 人事の悪魔 椿眞子』の基本情報

ドラマ『miss デビル』は、4月14日スタートだ。

初回放送は15分拡大スペシャルとなっている。

主演を務めるのは菜々緒で、人事コンサルタント役だ。

周りから「人事の悪魔」と呼ばれるキャラクターを菜々緒が演じる。

役どころは、ダーク・ヒロインとのことで注目だ。

他にも佐藤勝利や木村佳乃、船越英一郎らが出演する。

ドラマ『miss デビル』のジャンルは、痛快オフィス・

エンターテインメント・ドラマとのことである。

あまりないタイプのドラマだけに、

どんなストーリー展開がされていくのか楽しみだ。

ぜひ、初回放送から見逃さずに注目してみてください。

 

まとめ

ドラマ『missデビル 人事の悪魔・椿眞子』は、菜々緒が主演の4月期ドラマだ。

4月14日夜10時からスタートする。

ドラマの原作や漫画はなく、オリジナル脚本となっている。

脚本を務めるのは山浦雅大だ。

どんな脚本に仕上げるのか注目されている。

菜々緒以外にも佐藤勝利や木村佳乃、船越英一郎らが出演する。

どんな演技を見せてくれるのか楽しみだ。

まずは初回放送に注目してみてください。


Sponsored Link


Sponsored Link

関連記事



最新の投稿