コンフィデンスマンJP 原作者や脚本家は誰?原作や漫画はあるのか調べてみた。


Sponsored Link

4月期の新月9ドラマは『コンフィデンスマンJP』だ。

長澤まさみが主演を務め、東出昌大や小日向文世らが出演する。

主要キャスト全員が詐欺師という、痛快エンタテイメントコメディーとのことだ。

そんなドラマ『コンフィデンスマンJP』だが気になるのが原作についてだろう。

原作が漫画のドラマも多いだけに、『コンフィデンスマンJP』も原作の存在が気になる。

また、原作者や脚本家についても知っておきたいだろう。

そこで今回は、ドラマ『コンフィデンスマンJP』の原作や漫画は

あるのかと原作者や脚本家は誰なのかについて紹介していきたい。

Sponsored Link

ドラマ『コンフィデンスマンJP』の原作や漫画はある?

ドラマ『コンフィデンスマンJP』は4月9日スタートの新月9ドラマだ。

主演を務めるのは長澤まさみであり、約11年ぶりに月9の主演を務める。

他にも東出昌大や小日向文世などが出演する。

そんなドラマ『コンフィデンスマンJP』だが、気になるのが原作についてだろう。

最近では、小説や漫画を原作としたドラマが多い。

しかし、ドラマ『コンフィデンスマンJP』は、原作や漫画はないとのことである。

オリジナル脚本によるドラマとなっているのだ。

それだけに、脚本家の腕がドラマのカギを握っているといえるだろう。

 

ドラマ『コンフィデンスマンJP』の原作者や脚本家は誰?

ドラマ『コンフィデンスマンJP』には原作はない。

そのため、『コンフィデンスマンJP』に原作者は存在しないのだ。

そこで重要になってくるのが、脚本家の存在である。

オリジナル脚本となると、どうしても脚本家の腕が問われる展開となる。

それだけに、誰が脚本を務めるのかはとてもポイントになってくるのだ。

ドラマ『コンフィデンスマンJP』で脚本を務めるのは古沢良太である。

古沢良太は現在44歳の脚本家だ。

映画『ALWAYS 三丁目の夕日』『探偵はBARにいる』やドラマ

『リーガル・ハイ』などで脚本を務めた実力派の脚本家である。

それだけに、今回の『コンフィデンスマンJP』も

どんな脚本を手掛けるのか注目されている。

 

ドラマ『コンフィデンスマンJP』の見どころ

ドラマ『コンフィデンスマンJP』の見どころは豪華なゲストだ。

第1話では江口洋介がゲストとして出演する。

第2話では吉瀬美智子、第3話では石黒賢など毎回豪華なゲストが登場するのだ。

また、ドラマ『コンフィデンスマンJP』の主要キャストである

長澤まさみ・東出昌大・小日向文世は全員詐欺師だ。

なかでも長澤まさみは毎回様々な職業に成りすます。

そのため、色々な変装が見られるのも見どころのひとつだろう。

 

まとめ

ドラマ『コンフィデンスマンJP』は、4月スタートの月9ドラマだ。

長澤まさみが主演を務める注目ドラマである。

気になる原作だが、原作はなくオリジナル脚本によるドラマとなっている。

脚本を務めるのは古沢良太とのことだ。

実力派の脚本家だけに、ドラマ『コンフィデンスマンJP』も楽しみだ。

ドラマの見どころは、豪華なゲストと長澤まさみの変装である。

ぜひ、初回から最終話までドラマ『コンフィデンスマンJP』に注目してください。


Sponsored Link


Sponsored Link

関連記事



最新の投稿