コンフィデンスマンJP 何話まで(全何話)ある?放送回数と最終回の日程について調べてみた。


Sponsored Link

4月スタートの新月9ドラマは『コンフィデンスマンJP』だ。

長澤まさみ主演で、詐欺師を演じることになっている。

最近低迷中の月9だが、長澤まさみ主演とあって注目されているのだ。

そんなドラマ『コンフィデンスマンJP』だが、いつから放送開始か気になる。

また、何話まで(全何話)なのか知っておきたいだろう。

全何話か知っておいたほうが、よりドラマを楽しめる。

いつから放送で全何話かわかれば、放送回数や最終回の日程もわかってくる。

そこで今回は、ドラマ『コンフィデンスマンJP』はいつからスタートで全何話

なのか、放送回数と最終回の日程について調べてみたので紹介していきたい。

Sponsored Link

ドラマ『コンフィデンスマンJP』はいつから?

ドラマ『コンフィデンスマンJP』は4月期の新月9ドラマだ。

初回放送は、2018年4月9日からとなっている。

初回については30分の拡大放送とのことだ。

『コンフィデンスマンJP』は長澤まさみ主演のドラマである。

他にも東出昌大や小日向文世が主要キャストとなっている。

そして、3人とも詐欺師を演じるのだ。

痛快エンタテイメントコメディーとのことで、どんな

ドラマになっていくのか楽しみである。

ちなみに、毎回豪華なゲストが出演する『コンフィデンスマンJP』だが、

初回放送は江口洋介がゲスト出演するとのことだ。

江口洋介の演技にも注目だろう。

 

ドラマ『コンフィデンスマンJP』は何話まで(全何話)?

新月9ドラマの『コンフィデンスマンJP』だが、何話まであるのか気になる。

しかし、残念ながら全何話なのか公表はしていないようだ。

だが、過去の同枠ドラマの傾向から何話までなのか予想することができる。

同枠前回ドラマ『海月姫』は全10話だった。

同枠前々回ドラマの『民衆の敵』も全10話だった。

1年前の同枠ドラマ『貴族探偵』は全11話である。

このことから、ドラマ『コンフィデンスマンJP』は

全10話もしくは全11話が濃厚となっている。

 

ドラマ『コンフィデンスマンJP』の放送回数と最終回の日程

ドラマ『コンフィデンスマンJP』がいつから放送で、

全何話なのかわかれば最終回の日程もわかってくる。

全10話なら、6月11日が最終回の日程となるだろう。

全11話だった場合は、6月18日が最終回となりそうだ。

どちらの可能性もあり、最終回の日程は何とも言えない。

ただ、打ち切りになる可能性はほとんどないだろう。

そのため、6月11日もしくは6月18日が最終回となるのではないだろうか。

いずれにしても、最後までドラマ『コンフィデンスマンJP』に注目である。

 

まとめ

4月スタートの新月9ドラマは『コンフィデンスマンJP』だ。

長澤まさみ主演のドラマであり、注目の4月期ドラマのひとつである。

初回放送は30分拡大放送であり、4月9日から放送される。

同枠の過去傾向から、全10話・全11話のどちらかになるだろう。

そして、6月11日・18日のどちらかが最終回の日程となりそうだ。

どちらにしても、ドラマ『コンフィデンスマンJP』には注目していきたい。


Sponsored Link


Sponsored Link

関連記事



最新の投稿