ブラックペアン 原作と違う?因縁とは?原作との違いとあらすじ結末をネタバレ!


Sponsored Link

ドラマ『ブラックペアン』は好調なスタートを切った。

そんなドラマ『ブラックペアン』だが、気になるのは原作と違うのかだろう。

原作と違う部分があるなら、原作との違いを知っておきたいはずだ。

また、渡海(二宮和也)と佐伯(内野聖陽)には因縁があるようだ。

この因縁とは何なのだろうか。

さらに、原作との違いだけでなく、あらすじ結末のネタバレも気になる。

そこで今回は、ドラマ『ブラックペアン』は原作と違うのかと因縁とは

何なのか、そして原作との違いとあらすじ結末ネタバレを紹介していきたい。

Sponsored Link

ドラマ『ブラックペアン』は原作と違う?

ドラマ『ブラックペアン』は、海堂尊の長編小説

「ブラックペアン1988」が原作となっているドラマだ。

そこで気になるのが、ドラマ『ブラックペアン』は原作と違うのかだろう。

実は、ドラマ『ブラックペアン』と原作の違いは多くあるのだ。

一番の違いは、主役についてだろう。

ドラマでは、二宮和也演じる渡海征司郎が主演だ。

しかし、原作で主役となっているのは、竹内涼真演じる世良雅志である。

原作では世良の視点から物語が描かれているのだ。

また、原作では登場しない渡海征司郎の母親がドラマには登場する。

さらに、加藤綾子演じる治験コーディネーターの

木下香織も原作では登場しない登場人物だ。

このように、さまざまな点でドラマと原作では違いがあるのだ。

 

ドラマ『ブラックペアン』の因縁とは?

ドラマ『ブラックペアン』で注目されているのがある因縁だ。

その因縁とは、渡海征司郎と佐伯清剛(内野聖陽)の因縁だ。

第一話でも2人のシーンや会話から、何らかのつながりがあることがわかる。

さらに、渡海征司郎と母親の電話シーンから、

因縁とは父親とも関係していることがわかるのだ。

実は、原作ではかつて渡海征司郎と佐伯清剛の

父親の間には“ある出来事”が起こっている。

このことが、渡海征司郎と佐伯清剛の因縁となっているのである。

 

ドラマ『ブラックペアン』のあらすじ結末ネタバレ!

ここで、ドラマ『ブラックペアン』のあらすじ

結末ネタバレを紹介しておきましょう。

渡海征司郎は佐伯清剛への復讐をもくろんでいた。

実は過去に、佐伯清剛がペアンを患者の体内に残してしまう。

これに気付いた渡海征司郎の父はペアンの摘出手術を行うべきと主張。

しかし、病院は佐伯清剛をかばい、逆に渡海征司郎の父を左遷したのだ。

この因縁から、渡海征司郎は復讐をもくろんでいたのである。

そして、復讐のチャンスが到来する。

体内にペアンを残した患者の摘出手術を行うことになったのだ。

摘出手術は困難を極める中、佐伯清剛がオペ室に来て事実を語る。

体内に残したペアンは、置忘れではなくあえて残したというのだ。

ペアンを外せば出血を止めることができない、そのためあえて残したのである。

だが、このことを納得できるように説明する自信がなく、事実を伏せていたのだ。

結局、2人の因縁については衝撃の真実で終わってしまうのである。

ちなみに、最後に渡海征司郎は世良に「立派な

外科医になれよ」と言い去っていってしまう。

 

まとめ

好調なスタートを切ったドラマ『ブラックペアン』。

原作は海堂尊の長編小説「ブラックペアン1988」である。

ドラマと原作では、いくつか違う部分がある。

また、『ブラックペアン』は過去の因縁が物語のポイントだ。

いずれにしても、注目ドラマなのでぜひ注目してみてください。

 

☆人気のブラックペアンの原作本はこちら↓↓↓

最後までお読みいただきありがとうございました。


Sponsored Link


Sponsored Link

関連記事



最新の投稿