【ブラックペアン】医療器具スナイプは実在する?モデルとなった医療機器は!?


Sponsored Link

ドラマ『ブラックペアン』は今期注目の医療ドラマだ。

さまざまな医療器具が登場するのだが、

医療器具「スナイプ」は実在するのだろうか。

仮に実在しないなら、スナイプのモデルになった医療機器があるのだろうか。

そこで今回は、ドラマ『ブラックペアン』の医療器具・スナイプは実在

するのかとモデルとなった医療機器はあるのかについて紹介していきたい。

Sponsored Link

ドラマ『ブラックペアン』の医療器具「スナイプ」は実在する?

ドラマ『ブラックペアン』は、リアリティのある医療ドラマだ。

そのため、専門的な医学用語も数多く飛び交っており、

手術シーンも本格的なクオリティとなっている。

そこで気になるのが、医療器具についてだろう。

とくに、高階権太(小泉孝太郎)が使用する医療器具

「スナイプ」は、本当に実在するのか注目されている。

単刀直入に言えば、スナイプは実在しない医療器具とのことだ。

ドラマでスナイプは、僧帽弁手術用の機器として登場しているのだが、

残念ながら現実ではこのような医療器具は存在しないのである。

ちなみに、僧帽弁の手術では、縫合による施術が一般的とのことである。

 

医療機器「スナイプ」のモデルになった医療機器は?

ドラマ『ブラックペアン』で登場する医療器具「スナイプ」。

このスナイプは実在しないのだが、モデルになった医療機器はある。

モデルとなった医療機器とは、「自動吻合器」とのことだ。

この自動吻合器とは、分離している消化管などを結合する医療機器である。

これを発明したのは日本であり、1958年に販売されている。

この自動吻合器は、手術後の合併症を防ぐことが目的で開発された。

「スナイプ」と完全に一致するわけではないですが、

この自動吻合器がモデルになったとみられているのだ。

 

ドラマ『ブラックペアン』の「ペアン」とは?

ドラマのタイトル『ブラックペアン』の「ペアン」も医療器具だ。

他の医療ドラマでも、手術時にペアンはよく出てくる。

ペアンとは、止血鉗子のことである。

ペアンは、外科手術や婦人科手術など、さまざまな場面で利用される医療器具だ。

手術時に組織間などの剥離の場面などに使用されることが多い。

ちなみに、ペアンという名称は、医師として活躍していた

ジュール・エミール・ペアンの名前に由来している。

ドラマ『ブラックペアン』では、このペアンという

医療器具が物語のカギを握っている。

そして、最終的には『ブラックペアン』というタイトルの意味もわかるのだ。

そのため、ぜひ最後までドラマ『ブラックペアン』に注目してほしい。

 

まとめ

二宮和也主演の注目ドラマ『ブラックペアン』。

ドラマで登場する医療器具「スナイプ」は、残念ながら実在しない。

ただ、モデルになったのは自動吻合器だと言われている。

また、タイトルである『ブラックペアン』の「ペアン」も医療器具だ。

この「ペアン」は、物語にとってとても重要なポイントになっている。

最後には、タイトルの意味もわかるため、ぜひ注目してほしい。

 

 

竹内涼真さんが使用している腕時計が大変人気です☆

 

最後までお読みいただきありがとうございました。


Sponsored Link


Sponsored Link

最新の投稿