ドラマ「後妻業」何話まで(全何話)ある?放送回数と最終回の日程はいつ?調べてみた。


Sponsored Link

こちらの記事では2019122日(火)午後9時にスタートする、

木村佳乃さん主演のドラマ『後妻業』が全部で何話まであるのか?

放送回数と最終回の日程はいつなのか?

放送回数が分かれば、最終回の放送日程も把握することができます。

そこでこちらの記事では、ドラマ『後妻業』の放送回数や最終回の放送日程について紹介したい。

Sponsored Link

木村佳乃主演のドラマ『後妻業』とは?

ドラマ『後妻業』は、黒川博行さんの小説が原作となっている。

後妻業とは資産家老人を狙って遺産相続を目的とする結婚詐欺の一種です。

主演である、木村佳乃さんは後妻業のエースとして男をたぶらかしていきます。

木村佳乃さんといえば、フジテレビ系のドラマ「僕のヤバイ妻」でその演技に非常に

注目が集まりました。頭から血を流しながらワインで乾杯やつめを剥がすシーンなど、

印象的な演技で話題になりましたね。

 

今回のドラマ「後妻業」では高橋克典さん(役:柏木亨)、木村多江さん(役中瀬朋美)、

伊原剛志さん(役:本多芳則)などがキャストとして出演することが決定しています。

20191月期の注目のドラマのひとつであるといえます。

ドラマ『後妻業』は何話まで?放送回数は?

そんな人気ドラマである後妻業は全何話あるのか?気になるところですよね。

初回の放送は2019122日(火)となっている。

 

現在のところ、ドラマ『後妻業』が全何話までなのか告知されていないが、

過去の同枠のドラマで比較してみよう。

2018年冬 「FINALCUT」→ 9

2018年春 「シグナル」→ 10

2018年夏 「健康で文化的な最低限度の生活」→ 9

・前作 「僕らは奇跡でできている」→ 10

となっている。おそらく今回のドラマ「後妻業」は全9話か全10話であることが予想される。

最終回の放送日程についてだが、もし特番がなく全9話と仮定した場合、

最終回の日程予想は319日(火)の予定、10話であった場合は、326日(火)の予定となる。

 

まとめ

ドラマ『後妻業』は2019122日(火)にスタートした1月期ドラマだ。

同枠では全9話、もしくは10話となることが多い。

全何話になるのか?はまだわからないが、9話か10話で完結する可能性が高いだろう。

最後までお読みいただきありがとうございました。


Sponsored Link


Sponsored Link

関連記事



最新の投稿