下町ロケット ランドクロウ(無人農業トラクター)のモデルはクボタのアグリロボ!?


Sponsored Link

こちらの記事では、下町ロケットの無人農業トラクターランドクロウのモデルに

ついて紹介しています。

下町ロケットのヤタガラス編では無人農業ロボットの製作の話が中心となっていますが、

帝国重工のアルファワン(最終回でランドクロウになりました)、

ダイダロスやギアゴーストのチームはダーウィンを開発しています。

こちらの記事では帝国重工で開発している、アルファワン(=ランドクロウ)の

モデルの無人農業トラクターはどこの会社の製品なのか?紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

無人農業トラクターは現在一般向けに発売されているの!?

現在、無人農業トラクターは開発を進めている段階のようですね。

以下のニュースはまさに下町ロケットがドラマとして放映された内容がニュースになっていましたね。

農林水産省は、無人自動走行できる農業ロボットの開発を急ぐ。現在、実証実験を行っているトラクターに加えて田植え機やコンバイン(収穫機)、除草ロボットなども対象に入れ、2018年度にも実験を始める考え。機械のレパートリーを増やすことで省人化や省力化効果を高め、スマート農業の普及を目指す。数センチメートル単位の高精度測位が可能な準天頂衛星「みちびき」の活用を視野に入れつつ、民間企業と共同で開発を進める。
自動走行トラクターの実証実験は、クボタなどの農機大手と共同で北海道で始めており、「技術的な課題はほぼクリアし、農機メーカーがモニター販売を始めた段階」(同省技術政策室)。実証実験は有人トラクターが前方を走る無人トラクターを監視するスタイルだが、18年度以降は水田内で完全無人走行を目指すとともに、水田から隣の水田に移動して作業が続けられるよう改良する。
機械の対象も田植え機やコンバインなどへ広げる考え。トラクターに比べ、田植え機は、より高い作業精度が求められる。また、コンバインは成長した稲に隠れて地面などの様子は分からないため「安全対策も含め、独自の改良や工夫が必要になる」(同)とみる。除草ロボットも刃物の人身安全対策に加え、誤って作物を刈ってしまわない工夫が必要になるとみている。
走行台数も2台ではなく、より多い台数を念頭に置く。田植えや収穫作業は天候や気温変化があるため、同一日に集中するからだ。2台より3台走らせる方が作業速度を上げられ複数の田での同時作業も可能になる。「中山間地の多い日本の農業ではこのやり方の方が実用性が高い」(同)。同じ田でも大型機械1台より小型機械を複数使う方が土地へのダメージを減らせる。所得が少ない農業者の購入でも、小型機の方がハードルが低い。
多数台無人走行や精密農業のカギとなるのが、準天頂衛星の利用だ。「これまでの衛星とは2ケタ以上、精度が違うのでメリットは大きい」(同)。精度向上により、従来は適用が難しかった農作業分野にも自動化や無人化の可能性が広がるとみている。
引用:https://newswitch.jp/p/10873

 

帝国重工のランドクロウのモデルはクボタのアグリロボ?

帝国重工が開発している無人農業トラクターは大型のサイズで、

赤(オレンジに近い?)を基調としたボディが特徴的ですよね。

で、今回最終回を迎えたわけですが(本当の最終回は正月のスペシャル?)

途中のCM でクボタの無人農業トラクターが流れていました。

<流れていたCM>


調べたところ、はっきりとはわかりませんがおそらくクボタのアグリロボが

モデルになっているのではないか?と思います。

そっくりですよね~。

また、無人農業トラクターに関する以下のようなニュースもあります。

業機械大手4社がスマート農機を発売
2017年にクボタから「アグリロボトラクタ」が発売されました。
有人監視下での無人自動運転作業と、作業者1人で無人機と有人機を使用した2台協調運転作業とが可能な、スマートトラクタです。

クボタからモニター発売されている、レベル2の自動運転トラクタ。
そして2018年には、残る農業機械大手のヤンマー、井関農機、三菱マヒンドラ農機も、スマート農機を発売予定。いよいよ各社の農業ロボット=スマート農機が出揃うわけです。
また鹿児島県と複数の企業が開発した自動茶園管理ロボットが、第7回ものづくり日本大賞で九州経済産業局長賞を受賞して話題とりました。うね幅180cmという茶の植栽規格に着目したのがポイントで、GPS不使用・接触センサー利用により、管理作業のロボット化を実現します。
このように2018年は、魅力的な農業ロボットの商品化と多様化が同時進行していることから、農業ロボット元年と呼ばれています。
そんな2018年ですが、農水省が設置した「スマート農業の実現に向けた研究会」が設定した農業機械の安全性確保の自動化レベル(概要)では、レベル2(次ページ参照)まで実現されています。

引用:https://agrijournal.jp/renewableenergy/41048/

 

次回の最終回が非常に楽しみですが、どんな展開になるんでしょうかね?

今までの下町ロケットから考えると感動することは間違いなし!

以上、帝国重工のランドクロウ(無人農業トラクター)のモデルについて紹介でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 


Sponsored Link


Sponsored Link

関連記事



最新の投稿