青葉真司は発達障害!?精神疾患や統合失調症の病気なのか?刑はどうなる?


Sponsored Link

青葉真司は発達障害!?精神疾患や統合失調症の病気なのか調べてみた。

2019年7月18日に令和に入り最悪の放火殺人事件が発生しました。

事件発生から逮捕まで時間がかかりましたが、今回の京アニ放火殺人事件の犯人は

青葉真司であることが確定いたしました。どうしてこのような事件が起きたのか。

こちらの記事では青葉真司は発達障害!?精神疾患や統合失調症の病気があるのか?

紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

青葉真司は発達障害?精神疾患・統合失調症なのか?

今回京アニの関係者34名が亡くなるといった非常に大きな事件につながりました。

犯人の青葉真司は発達障害や精神疾患、統合失調症であった可能性が高いです。

 

ネット上にも実際に青葉真司には精神疾患の可能性があり生活保護を受給していた

という情報も出てきています。

以前茨城県で起こしたコンビニ強盗で逮捕された後、

一時的に入所できる更生施設に入所していたのですが、

2016年に更生施設を出所した後は経済的にも非常に苦しく生活保護を受けながら

生活していた模様です。

 

同時にこの頃に精神疾患を患い、通院もしていたとの情報もあります。

保護施設を出所後、現在のさいたま市見沼区のアパートで生活を始めたようですが、

以下のように近隣住民とトラブルが発生していた模様です。

青葉真司は上の階の騒音に悩まされていたようで隣に住むインタビューに

答えてくれた男性の部屋にゴンゴンと壁ドンを続けていたようです。

しかし隣の人は騒音の元ではなかったようですので、「やめてください」と言いにいったところ

髪の毛を引っ張られ「うるせえ、〇すぞ、こっちは余裕がねえんだよ」などと言い全く会話に

ならなかったようです。

この時が事件の4日前とだったようですね。

 

青葉真司は精神状態がおかしかったことが分かると思います。

コンビニ強盗で逮捕され不可解な供述
「2012年6月20日未明、当時34歳だった青葉容疑者は茨城県内のコンビニエンスストアに

包丁を持って押し入り、男性店員から現金を奪って逃げた。

その後同日11時頃に警察署に自首したため、強盗と銃刀法違反で逮捕されました。

自首した理由について『オウム事件の高橋容疑者のように逃げられないと思った』

などと不可解な供述をしています。当時は茨城県内の雇用促進住宅の3DKに住んでいました」(同前)

青葉容疑者は服役後、さいたま市の保護観察施設に入寮。

刑務所を出所した際に帰る場所がない人が最大半年間入れる施設で、宿泊代や食費の実費負担はない。

「2016年7月頃には退寮し、その後はさいたま市のアパートに居を移しました。

2018年頃から住民との間でたびたび騒音トラブルを起こしていて、複数回通報もあった。

今月14日には20代の隣人男性の部屋のドアを執拗に叩くなどしている。

その後も部屋のドアを叩かれたため男性が苦情を言いに青葉容疑者の部屋を訪れたところ、

胸ぐらをつかまれた。男性は近くの交番に通報しています」(同前)

引用:https://bunshun.jp/articles/-/12927?page=2

<こちらの記事もよく読まれています>

青葉真司の家族構成は!?両親、兄弟は!?嫁や子供はいるのか調べてみた。

青葉真司の実家 自宅住所はどこ?埼玉県見沼区のアパート?レオパレスに一人暮らししていた?


Sponsored Link


Sponsored Link

関連記事



最新の投稿