【最新情報】台風6号 2019 米軍・ヨーロッパ進路予想!日本に上陸!?


Sponsored Link

台風6号 2019 米軍・ヨーロッパ進路予想!最新情報は日本に上陸!?について紹介します。

現在2019 台風6号が日本の南の海上で発生し、ゆっくりと北上していますが、

米軍・ヨーロッパ進路予想では6号がどのように進むのか気になりますよね。

そこでこちらの記事では、台風6号 2019の米軍・ヨーロッパの進路予想について紹介して

いきたいと思います。

Sponsored Link

台風6 2019たまごが発生!

関東地方では梅雨明けが期待されていましたが、台風発生の可能性が出てきたということで、

残念な気持ちな方もいるのではないでしょうか。

気象庁の発表によりますと、熱帯低気圧がこれから24時間以内に台風に発達し

関東・東海地方に接近する見込みがあるとのこと。

現在は、台風のたまごの段階なので、なんともいえませんがアウトドアやレジャーの予定

を立てている人は特に注意が飛鳥になりそうですね。

 

台風6号 2019 ヨーロッパ進路予想は!? 

南の海上を北上している熱帯低気圧。201972518時時点で中心の気圧は1004ヘクトパスカル、

中心付近の最大風速は15メートル、最大瞬間風速は23メートルとなっています。

現在は卵の状態なのでよいのですが26日にかけ台風に発達する見込みがありますが

ヨーロッパ進路予想はどのようになっているのでしょうか。

その場合、26日には東海沖まで接近しそれから関東地方へと接近していく見込みとなる。

台風の影響として、東海・関東地方は7月26日に雨が強くなる予想がされていますね。

台風6号 2019 米軍の進路予想は!?

 

 

日本列島の南側に赤い丸が出ており台風になる可能性が非常に高いことを示しています。

本州へ到達した場合は暴風や高波、大雨などに警戒して注意する必要がありそうですね。

台風の進路は本州を通過する予想の為、台風による被害は避けられないかもしれません。

  

 

台風6 2019 関東(東京)に接近する場合ピークはいつ?

台風6 2019は日本の南の海上を少しずつ北上しています。

今後は台風となることが予想され、7月27日には関東地方に接近すると言われています。

ここからはあくまで予想ではあるのですが、

7月27日から7月28日は関東地方では特に注意が必要になるかもしれません。

ちなみに7月27日(土)は第42回の隅田川花火大会が予定されており、

楽しみにしていた方も非常に多いのではないでしょうか。

中止や順延になる可能性もありそうですね。

 

まとめ

米軍の進路予想図ではまだ進路予想がはっきりと出ていませんが、

ヨーロッパの進路予想図では関東周辺に接近する予想となっています。

台風6 2019が今週の土日に東海・関東地方に近づいてくる見込みです。

 

個人的には関東(東京)への上陸・ピークは727日(土)から28日(日)

午後にかけて、特に注意が必要になるのではないかと予想されます。

 

ただし、台風6 2019の進路は変化する可能性もありますので、

最新の進路情報を随時確認しておく必要があります。

夏休みに入って間もない土日での台風予想ですが、最新の台風情報を確認しながら、

安全に過ごしていただければと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

こちらの記事もよく読まれています

台風6号 2019 関東(東京)への影響は!?上陸・直撃する場合ピークはいつ頃?

台風の影響 飛行機は揺れる?それとも揺れない?

台風 飛行機をキャンセルした場合のキャンセル料は戻ってくる?戻らない?

飛行機が欠航の場合、払い戻しやホテル代、振替の補償などはあるのか?調べてみた。

 

情報が入り次第順次更新していきます。


Sponsored Link


Sponsored Link

関連記事



最新の投稿