【SUITS】海外ドラマハーヴィースペクターの年齢設定や年収はどれくらいなのか?


Sponsored Link

現在放送されているドラマ「SUITS2」ですが原作は海外版になっています。

海外版の主人公はハーヴィースペクターという人物。

海外版では年齢をどのあたりに設定しているのでしょうか。

海外ではシーズン9まで続く人気作で年収もすごいのと思います!

今回はハーヴィースペクターの年齢設定と年収についてまとめていきます。

ハーヴィースペクターのプロフィール

ピアソン・ハードマンに勤める敏腕弁護士。

時に周囲を驚かせるような強引かつ違法ギリギリな手段に出ることも多くあります。

そんな性格と才能からアソシエイトを雇わずにいた一匹狼でした。

元はかなりのダメ人間でしたがピアソンに事務所の郵便スタッフとして雇われます。

その後、事務所に学費の融資を受けてなんとハーバードまで進学し見事卒業。

卒業後、ピアソンからアソシエイトを雇う事を勧められ採用の面接を行います。

そこでマイクと出会い、一匹狼で自分勝手だった性格にも変化が出るように・・

マイクとの関係を通して徐々に人間らしい情義に目覚めます。

また自身が認めた相手に対して便宜を図るなど情に厚い一面も持ち始めるようになりました。

ハーヴィースペクターの年齢設定について

残念なことにハーヴィースペクターの年齢設定に関しては情報がありません。

作品でも明らかにされていませんでした。

ですが主役を演じているのはガブリエル・マクトという俳優さんです。

この方は1972年生まれでシーズン9まで主人公を演じ続けました。

シーズン1がスタートしたのは2011年で39歳の時になります。

最終回のシーズン9が放送されたのは2019年のため47歳ということがわかります。

個人的にはガブリエル・マクトさんの年齢と、ハーヴィースペクターの年齢については、ほぼ変わらないのかなと思います。

上記のようにハーヴィーは郵便局員から検事になっています。

検事をやめたのが29歳だと仮定し、そこからピアソンの事務所に移ったとします。

そう考えるとシーズン1でシニアパートナーになっているので10年働いたと考えると、差はないのかなと思います。

ハーヴィースペクターの年収がすごい!

ドラマ内でも高級なスーツを着ているシーンが多いですよね。

そこまで稼げるのか疑問ですが、アメリカは訴訟大国です。

優秀であればあるほど稼げるというわけなんです。

またハーヴィーの年収についてジェシカが言及した場面がありました。

その中では「1億円以上」と語られています。

アメリカの弁護士は平均的な給料で1000万円は貰えるようです。

ハーヴィーの秘書をしていたドナについても年収が明らかになっていました。

その額なんと1000万円以上!

ハーヴィーが着用しているスーツはトムフォードの高級スーツ。

こちらは最低でも1着30万円以上する代物になっています。

以上のことからハーヴィーの年収が1億円以上ということには納得出来ますね!

上の記事にも書きましたが、ハーヴィーが着用している時計は数千万円するみたいです。

まとめ

ハーヴィースペクターの年齢設定や年収についてまとめてみました。

原作の海外版はシーズン9までありいかに人気なのかわかりますよね!

年齢設定については明らかになっていませんが、俳優さんとほぼ同じである可能性が高いです。

年収については海外と日本の差がはっきり出ていますが、優秀であり実力もあるので、1億円以上稼いでいてもあまり驚かないようなかんじもしますよね。

着用しているファッションも高級感あってどれも素敵でした。

気になる方はぜひ海外版もチェックしてみてください!


Sponsored Link


Sponsored Link

最新の投稿