【SUITS/スーツ2】1話の視聴率と感想をネタバレ!前作に続き甲斐先生(織田裕二)の交渉力がすごいと話題に!


Sponsored Link

現在放送されているドラマSUITS2。前作に続きかなり高視聴率が期待されています。

今回は第1話の感想やネタバレについてまとめてみました!

また同時に第1話の視聴率にも注目してみたいと思います。

感想やネタバレを含みますのでご注意ください!

Sponsored Link

「SUITS/スーツ2」1話あらすじ

敏腕として知られる『幸村・上杉法律事務所』のパートナー弁護士・甲斐正午(織田裕二)。彼は代表の幸村チカ(鈴木保奈美)にも相談せず、ボストンにいたアソシエイトの鈴木大輔(中島裕翔)を突然呼び戻す行動を起こしました。

そして甲斐は復帰のリハビリだと言い、大輔にある案件を任せることにします。

それは、小説のアイデアを盗用されたと元契約社員の女性から訴えられた大手出版社の案件でした。

一方で甲斐はクライアントの1つでもあるロケットや航空機の技術開発をしている『エアロネクスト』の社長・三津谷聡から呼び出されることに。

そこで三津谷は、新開発した無人航空機制御システムの売却をしたい、と甲斐に告げます。

その時、事務所の共同代表でもある上杉一志(吉田鋼太郎)の妻が病死。

かつて甲斐とチカは、上杉の弱みを握り、事実上、彼を事務所から追い出していました。

復帰への意欲をのぞかせる上杉でしたが、それは、幸村・上杉法律事務所を揺るがす、新たな闘いの始まりだったのです。

 

SUITS2 第1話ネタバレ

三津谷は、新開発した無人航空機制御システムの売却を急ぎたい、と甲斐に告げます。

更に顧問弁護士として継続してほしいなら「最低売却額100億円で事業を売ること」。

この無理な難題を任されることになりました。

そしてフェイクニュースにより、フューチャースカイの評判がガタ落ち。

売却額がどんどん下がり苦戦を強いられますが、三津谷は50億でもいいので売却を急いでいます。

おかしいと思った甲斐は、売却するシステムは既に米国で特許を取得されているものだと気づきました。

顧問弁護士を降りようとしますが、三津谷に相談され、クロスライセンス契約を提案します。

甲斐は「隠し事をしない、私のやり方に口出ししない、良心価格の見直し」を条件に三津谷の顧問弁護を継続することになりました。

 

第1話視聴率、感想について

SUITS/スーツ2・第1話の視聴率は、11.1%でした。

初回放送から10%超えで、好発進なのではないでしょうか!

 

難しい案件をクリアしていく様子は、見ていて楽しいですよね!

甲斐が幸村に何の相談もせず、独断で鈴木をボストンから呼び戻したことは驚きました。

しかし2作目ということもあり、改めてこの二人はやはり良いコンビだと思います。

甲斐と幸村がかつて上杉を事務所から追い出そうと考えた理由が気になりますね!

織田裕二さん演じる甲斐正午は凄腕の弁護士でこれまでにいくつもの難題を乗り越えてきました。勝つためには手段を選ばないやり方のため、周りに敵も多いです。

しかし鈴木大貴とバディを組んで甲斐はさらに力を増していますよね!

この名コンビの活躍とやりとりも、人気の理由の1つだと思います。

 

まとめ

SUITS2 第1話のネタバレについてまとめました。

やはり前作が人気があったからこその今作だということがよくわかります!

前回の主要メンバーはそのまま継続で出演していて、今回から出演のメンバーも何人か居るので、これからの展開も気になりますね。

第1話でも高視聴率でかなりいいスタートなのではないでしょうか。

上杉とこれからどうなっていくのでしょうか。

今後も見逃せない展開が多そうですね!


Sponsored Link


Sponsored Link

最新の投稿